日本橋・神茂の「手取りはんぺん」

 2021年2月13日放送の日本テレビ「満天☆青空レストラン」で、東京・日本橋の神茂の「手取りはんぺん」が取り上げられた。番組では、タレントの宮川大輔さんとお笑いコンビの「かまいたち」が、神茂のはんぺんの美味しさを楽しい話術で伝えた。

2021-2神茂1.jpg

 放送の反響は大きく、ネットには1日1000件以上の注文が殺到し、現在、2週間以上待ちの状態。デパート売場にも客が殺到している。井上社長は「お陰様で、年末のような忙しさです」と嬉しい悲鳴をあげている。

2021-2神茂2.jpg

 番組で紹介されたはんぺん、タコ蔵、調理おでんに人気が殺到している。

 はんぺんを使って番組で「ガリバタエッグ」「はんぺんカツ」「エビ焼売」「おでん」など、アイデアレシピが続々登場した。

 日本橋・神茂は、三越本店近くで300年以上もつづく日本でもっとも古いかまぼこ店。社長の井上卓氏は、18代目。東京かまぼこ組合の組合長も務めている。

 日本橋にはかつて魚河岸があり、関東大震災で焼失して築地に移転するまで「江戸の台所」として賑わっていた。

 当時、江戸幕府は「ふかのひれ」「干しあわび」「干し海鼠」を俵物3品として、中国に輸出していたが、ヒレを取った残りの鮫が多く市場に出回ったところから、蒲鉾屋がつくり出したのが「はんぺん」だ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

速報かまぼこニュース発信 水産煉製品新聞・交流・東蒲新聞 編集制作 全国蒲鉾品評会ガイド・「昔の蒲鉾・今の蒲鉾」発行 どい事務所 poisson@mvh.biglobe.ne.jp 電話03-5916-4778