あわじの㈱オキフーズが直営店「練物屋(ねりものや)」をオープン

 ㈱オキフーズは、淡路島の最北端、明石海峡大橋の付け根にある「道の駅あわじ」に、直営店『練物屋(ねりものや)』を3月にオープンする。現在、オープンに向けて急ピッチで店舗の工事を進めている。 新店舗では、本店で大人気の島のりチーズ天、島玉ねぎ天、島ナゲット(3年とらふぐ・鱧・サクラマス等)をはじめ、揚げたてで美味しい「島天ぷら(さつま揚げ)」を提供する。  同社は、1907年…

続きを読む

落語とおでん

 江戸時代に誕生した落語は、手軽な庶民の娯楽として親しまれ、市井の人々に、愛され、育まれて、今日に至っています。そのため、庶民の日常生活の中で、垣間見る人間模様を軽妙洒脱に描写した場面が多く、時代の風俗、生活感を伺い知ることができます。  かまぼこが登場する演目も少なくありません。その代表格が、「長屋の花見」。皆さんも一度は、耳にしたことがあるでしょう。長屋の熊さん、八つぁんが、大家さんか…

続きを読む

スケトウダラニュース

 北海道立総合研究機構・函館水産試験場調査研究部では、このほど、道南太平洋海域のスケトウダラ産卵来遊群分布調査結果を発表した。同調査は、2019年11月13日~27日に,函館水試調査船「金星丸」および釧路水試「北辰丸」でスケトウダラ資源調査を実施したもの。  調査結果の概要は次のとおり。  ①スケトウダラの海域平均反応量は、前年同期を下回った。    ②魚群反応の比較的強い海域は…

続きを読む

鈴廣の「バレンタインかまぼこ」

 ㈱鈴廣蒲鉾本店は、バレンタインのギフト用に2月1日から2月14日の期間限定でバレンタイン商品を販売する。  バレンタインかまぼこは「甘くない、ハートマークの贈り物」。ハート模様の切り出しかまぼこ「はぁとかまぼこ」、ハート型の焼きかまぼこ「心焦がして」、ひと口サイズの「ぷちはぁと」、バレンタインデザインの箱が可愛らしい「こ・こ・ろ」など、プチギフトにぴったりの商品を用意している。  …

続きを読む

カニカマ含むその他が約1年半ぶりに減産 11月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、1月10日、令和元年11月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は4万2291㌧で前年比10%の減産となった。1-11月累計では39万5343㌧となり前年比3.1%の減少。  11月の動きを品目別にみると、増加したのは、板かまぼこのみで4811㌧生産され、15.9%増となった。  11月の動きで注目されるのが、昨年5月から1年…

続きを読む

展示試食会は3月9日(月) 第72回全国蒲鉾品評会

 第72回全国蒲鉾品評会は3月8日(日)から3月10日(火)の3日間、東京海洋大学品川キャンパスの楽水会館(東京都港区港南4-5-7)で、開催される。  800点に及ぶ各地の製品が試食できる展示試食会は、3月9日(月)の午前11時から午後2時まで。伝統食品であるかまぼこ製品も年々、品質が向上し、チャレンジ精神旺盛な新規製品が急増しており、自社製品のレベルが、どの水準にあるのか、大い…

続きを読む

東京かまぼこ組合が新年会

 東京都蒲鉾水産加工業協同組合(井上卓組合長)の新年懇親会が、1月14日、銀座アスター南店で開催され、来賓や組合員約20人が出席して、新年を祝うとともに懇親を図った。  あいさつに立った井上組合長は、昨年暮れを振り返り「自社については、すべての商品が完売し、満足できる年末商戦だった。31日の午前中にはすべて売り切れ、トータル的に見て、これまでにない好調な商戦だった。日本橋三越、高島…

続きを読む

日清食品「地元から2020年を沸かしたい」CM富山篇に「梅かま」

 ことしは東京オリンピックの年。しかし、アツくなっているのは東京だけではない。日本全国では、本当に盛り上がっているのか。日清食品は、そんな想いを込めて、全国の地元企業とコラボCM「地元から2020年を沸かしたい!」を制作した。 富山編では、「梅かま」とコラボしている。 日清カップヌードルCM「地元から沸かせ!富山編」 https://www.youtube.com/watch?v=…

続きを読む

煮物用に「あげもの」増加 11月の家計調査

 総務省統計局は、1月10日、令和元年11月の家計調査を発表したが、11月の水産ねり製品支出は、705円で、前年同月比1.1%の増加を記録した。  カニ風味かまぼこを含むかまぼこ支出は、207円と前年支出を3.7%下回ったが、前年は、すでにテレビの情報番組の影響で売り上げが急増していたことを勘案すると勢いが一服したともいえるが、ことしに入ってからのテレビ番組などの追加放送が続いており、カニ…

続きを読む

11月のすり身輸入

 財務省が、このほど、2019年11月の貿易統計を発表した。それによると、11月に、わが国に搬入されたすり身は2万4908㌧で、前年同月比7.7%の増加となった。  米国からの搬入が1万2091㌧と前年比12.5%、増加したほか、タイが4.0%、インドが50.8%増加したことが要因だが、その他の主要国は、いずれも減少した。  中国、ベトナム、ミャンマーなどが減少、インドネシアも大きく…

続きを読む

レトルト「合格祈願おでん」新発売 阿部善商店

 おでんセットのトップメーカー・塩釜の阿部善商店は1月1日、レトルト「合格祈願おでん」を発売した。一口コメントのゴロ合わせ具材とDHA、EPA入りのスープで合格の後押しをしようと開発したもの。勉強の合間に縁起の良いおでんを食べて、合格を応援。受験生の夜食にぴったりだ。    パックのままレンジで加熱し、皿を使わず袋のままで食べることもできるので手軽で便利。希望小売価格は400円。首都…

続きを読む

杉本利兵衛本店が「合格竹○(ちくわ)」を新発売

 ことし創業100年を迎える㈱杉本利兵衛本店が、昨年12月30日、新製品「合格竹〇(ちくわ)」を発売した。食感にこだわった竹輪の穴に、とろけるチーズを入れて、受験生の合格を祈って、特別なしおりも同封している。 合格竹〇の特徴 【固さ】 当店の蒲鉾・ちくわの特徴はなんと言っても歯応え。自慢の固さを食べていただければ、あなたの合格も固いでしょう。 【竹○】 昔から同社では「ちく…

続きを読む

放送予告 1月9日NHK「所さん!大変ですよ」でカニカマ紹介

 1月9日(木)午後7時30分~午後7時57分まで、NHK総合テレビ「所さん!大変ですよ」で、「カニカマ大人気の謎」が放送される。 「売上急増!?カニカマ大人気の謎」として、「筋肉は裏切らない」のセリフで話題の谷本道哉さんによるカニカマ効果の解説、カニカマ誕生「奇跡の物語」、さらにカニカマは日本を飛び出しヨーロッパでも人気だといった内容が紹介される予定だ。  ことしもカニカマ…

続きを読む

「日経POSセレクション 平成売上No.1」に一正蒲鉾の「サラダスティック」

 日本経済新聞社の「日経POSセレクション 平成売上No.1」のかまぼこ、カニ風味 かまぼこの部門で一正蒲鉾の「サラダスティック」が選出された。  「日経POSセレクション 平成売上No.1」は、日本経済新聞社が全国のスーパー、コンビニエンスストアなどから収集した販売実績データ(日経POS情報)をもとに、平成の31年間を通じての消費動向調査を行ったもので、かまぼことカニ風味かま…

続きを読む

堅実で地味な年末商戦

 昨年暮れの東京地区の年末商戦は、盛り上がりに欠ける実に地味なおせち商戦だった。もっとも、クリスマスもいつ終わったのか、気が付かないうちに過ぎてしまった。ジングルベルの音楽も聴くことはなかった。    そんな沈滞ムードで迎えたおせち商戦も、量販店売場にはお正月の雰囲気を盛り上げる音楽や飾りつけなどの仕掛けはほとんどなく、例年のようなおめでたさを感じることもなく淡々とした風景が広がっていた。「…

続きを読む

放送予告 「さし旅」1月3日 夕方6時05分からNHK総合テレビで放送

 「さし旅」が来年1月3日、午後6時05分から、NHK・総合テレビで放送されます。    再放送は、1月4日の午前11時から。  お時間があれば、ぜひ、ご覧ください。   今回の舞台は、伊勢神宮!2020年の開運を祈るさっしー。しかし、ただ参拝するだけではダメ!というマニアのみなさん。お伊勢参りして授かったはずの御利益をいかにして持って帰るか、そこにこそ開運のカギがある…

続きを読む

11月の道産すり身

 全国すり身協会が、12月25日、発表した会員報告集計・2019年11月の道内陸上すり身生産量は1012㌧で、前年同月比109%と増加した。この内訳は、スケトウすり身は745㌧で同95%、ホッケすり身19㌧で、同100%だった。  1-11月累計では、1万1804㌧で前年同期比129%となっている。スケトウすり身は1万831㌧で同134%、ホッケは292㌧で同86%。  道内陸上出荷…

続きを読む

第14回学校給食甲子園 兵庫代表が優勝

 第14回全国学校給食甲子園決勝大会(主催=特定非営利活動法人21世紀構想研究会、後援=文部科学省・農林水産省など)が12月8日、東京都豊島区の女子栄養大学駒込キャンパスで行われ、優勝(㈱日本一賞)は丹波篠山市立西部学校給食センター(栄養教諭・田端廣美さん、調理員・出野年紀さん)が受賞した。準優勝(武蔵エンジニアリング㈱賞)には宇陀市立学校給食センター(学校栄養職員・辰己明子さん、調理員・辻忠昭…

続きを読む

すり身卸・弘洋が自己破産

 帝国データバンクによると、すり身卸の㈱弘洋(愛知県日進市、永堀哲也社長)は12月13日までに事業を停止し、自己破産の準備に入った。負債総額は約9億円。資本金は9800万円。  同社は1979年に設立。全国のねり製品メーカーにすり身を販売していた。2018年8月期の売上高は約33億円を計上していたが、今年5月の蒲サ食品(同県蒲郡市)が倒産したことなどにより事業環境が悪化。19年8月期の売上…

続きを読む