2月のスーパー景況感 内食需要増加などで大幅に改善

 全国スーパーマーケット協会など3団体がとりまとめた2020年2月のスーパーマーケット景気動向調査によると、2 月のスーパーの景況感は、前月から+5.1の48.0、見通し判断は前月から-1.1 の39.1 となり、現状判断は大幅に改善したものの、見通し判断は小幅に悪化するという結果となった。  経営動向調査では、売上高、収益ともに大幅に上昇し、二桁プラス値となった。新型コロナウイルスの影響…

続きを読む