ボディブローのように効いてきた

 安倍首相が緊急事態宣言を発令したのが4月7日。以後、外出自粛やテレワークなどで繁華街や観光地から人影が消えた。  この影響を受けて様々な業界が深刻な事態に追い込まれている。旅行、飲食、イベント、娯楽施設など幅広い分野で経営危機が叫ばれる。不況に強いとされる食品業界だが、自粛、自粛がボディブローのように効いてくる。  JR、空港、百貨店…、コロナウィルスの影響で売り上げが半減する一方…

続きを読む

白謙蒲鉾店 みやぎHACCP取得

 白謙かまぼこ店(宮城県石巻)は、2020年4月1日付けで、みやぎ食品衛生自主管理認証(みやぎHACCP)ステップ2を認証取得した。  みやぎ食品衛生自主管理認証(みやぎHACCP)は、HACCPの普及と定着を図り、宮城県内の食品製造・加工等の安全性を向上させることを目的として、宮城県が独自に定めている認証。  対象品目は同社門脇工場で製造される以下の製品です。  極上笹かま…

続きを読む

順調に生産進む 3月の道産すり身

 全国すり身協会が、4月24日、発表した会員報告集計・2020年3月の道内陸上すり身生産量は866㌧で、前年同月比106%と増加した。この内訳は、スケトウすり身は768㌧で同120%、ホッケすり身6㌧で同30%だった。1-3月の累計生産量は2808㌧で同135%。内訳は、スケトウすり身2602㌧で同142%、ホッケすり身21㌧で同46%。  道内陸上出荷量は3月508㌧で前年同月比73%。…

続きを読む

全蒲青 6月の「かまぼこ塾」は延期へ

 全国蒲鉾青年協議会(野中優二会長・野中蒲鉾社長)は、このほど、執行部で、緊急特別委員会を開催し、今後の活動方針やスケジュールの調整を協議した。  6月3、4日に予定していた第5回蒲鉾塾「はんぺんづくり」は、コロナウィルスの終息が予測できないことから、延期を決めた。

続きを読む

3月のコンビニ売上げ

 3月の大手コンビニ店の売上げは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛等が来店客数に影響を及ぼしたこと等から、全店・既存店ともに売上高は前年を下回る結果となった。  全店ベースでは5・5%、既存店ベースでは5・8%減少した。  一方、惣菜等の中食が引き続き好調だったことに加え、冷凍食品、レトルト食品等の日持ちする商品のまとめ買い需要が増加したこと等により、全店・既存店ともに客単…

続きを読む

半年ぶりに増産 2月のかまぼこ製品生産量

 食品需給研究センターが、4月17日、令和2年2月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万5498㌧で前年比1.3%の増加と半年ぶりに増産となった。    品目別の動きをみると、増加したのは、板かまぼこ、包装蒲鉾、その他で、それそれ0.1%、0.5%、1.6%の増加。一方、減少したのは、ちくわとなると・はんぺんで、それぞれ1.7%、3.9%減となった。 …

続きを読む

売れすぎでキャンペーン中止 ニッスイ

 日本水産㈱は、このほど、同社が4月1日から展開していた「速筋タンパクキャンペーン」を中止すると発表した。  新型コロナウイルスの感染拡大で、キャンペーン対象商品の売れ行きが想定以上に伸びているため。  同社では「コロナウィルスによる家庭用食品の消費拡大に伴い、練り製品・フィッシュソーセージの需要が想定以上に増加している状況に対して、生産商品の集約を行い安定供給を図っています。 …

続きを読む

鈴廣「ベルマーレとのコラボかまぼこ」発売 売上げ50%をクラブに還元

 ㈱鈴廣蒲鉾本店は、㈱湘南ベルマーレとのコラボかまぼこ8種類を2020年4月17日から5月17日の期間限定で鈴廣オンラインショップで販売する。  「鈴廣の伝統がつまった板かまぼこ」に、ベルマーレの「マスコットキャラクター」や「エンブレム」「チ-ムロゴ」を掛け合わせた商品と選手名が焼き印された蒲鉾の8種類が用意されている。  これは、ベルマーレのクラブスローガンである“たのし…

続きを読む

「カリッこいわし うな次郎味」発売へ

 うな次郎がスナックに!  一正蒲鉾では、かまぼこ屋さんのお魚スナック「カリッこシリーズ」とのコラボ商品「カリッこいわし うな次郎味」を2020年4月27日から期間限定で発売する。    「カリッこいわし うな次郎味」は、カリッとかための食感と、「うな次郎」のたれ風味の甘じょっぱい味付けに山椒の隠し味が効いて、手がとまらないおいしさ。  おやつやおつまみとしてスナック感覚…

続きを読む

コロナウィルスの情報一色

 現在、地球規模で大騒ぎとなっている新型コロナウィルス。旅行業界はじめ、歓送迎会の需要期を迎えた飲食店、卒業式、入学式など多くのイベントが自粛を要請され、それに関連する業界は経営の危機に見舞われている。  先日、搭乗した全日空機はガラガラだった。これまで、国内外の飛行機に何度も搭乗したがこれほど閑散とした機内は初めてだ。この珍しい光景を写真に残そうとシャッターを切っていると「他のお客様も…

続きを読む

2月のスーパー景況感 内食需要増加などで大幅に改善

 全国スーパーマーケット協会など3団体がとりまとめた2020年2月のスーパーマーケット景気動向調査によると、2 月のスーパーの景況感は、前月から+5.1の48.0、見通し判断は前月から-1.1 の39.1 となり、現状判断は大幅に改善したものの、見通し判断は小幅に悪化するという結果となった。  経営動向調査では、売上高、収益ともに大幅に上昇し、二桁プラス値となった。新型コロナウイルスの影響…

続きを読む

「新型コロナ」関連の倒産51件

 東京商工リサーチによると、4月10日現在で「新型コロナ」関連の経営破たんが51件に達していることがわかった。(倒産26件、準備中は25件)。月別では2月2件、3月23件、4月は10日までに26件が発生している。    都道府県別では、北海道の7件が最多。次いで、東京都6件、兵庫県4件、大阪府・福岡県が各3件など、28都道府県に拡大している。    業種別では、宿泊業12件、飲食業7件と…

続きを読む

前年比2.6%増 2月のねり支出金額

 総務省統計局は、4月7日、令和2年2月の家計調査を発表したが、2月の水産ねり製品支出は、627円で、前年同月比2.6%の増加となった。その他を除くすべての品目で支出金額を上回った。  苦戦が続いていた竹輪も133円と前年を3.9%上回った。カニ風味かまぼこを含むかまぼこ支出も189円と前年支出を4.4%上回っており、依然、好調な消費が続いている。  暖冬の影響で、低迷していた、あげ…

続きを読む

1000名に1000円プレゼント「速筋タンパクキャンペーン」 ニッスイ

 日本水産㈱は、良質なタンパク質であるスケソウダラのすりみを使用し、「速筋タンパク」を訴求した練製品「毎日食べよう速筋タンパク かに風味かまぼこ」、「毎日食べよう速筋タンパク かまぼこスティック」など関連商品を対象に、4月1日から現金1,000円が当たるプレゼントキャンペーン「速筋タンパクキャンペーン」を実施している。  ◆対象商品  「おいしいものをちょっとだけ」「毎日食べよう…

続きを読む

フジミツ「春のかまぼこ板キャンパスコンクール」締め切り迫る

 コロナウイルスが猛威を振るい、学校は休校、催事が次々に中止となる今、フジミツ㈱では、私の春の風景をテーマに、「春のかまぼこ板キャンバスコンクール」の作品募集を行っている。4月10日まで。  かまぼこ板をキャンバスに見立て、「私の春の風景」をテーマに好きな絵を描いて楽しもうというもの。  かまぼこ板に描いた絵を、撮影して下記メールアドレス宛に送付する。TwitterやInstagra…

続きを読む

「うなる美味しさ うな次郎」リニューアル 一正蒲鉾

 一正蒲鉾㈱は「うなる美味しさ うな次郎 長持ちパック」を2020年5月中旬からリニューアルする。  「うなる美味しさ うな次郎」は電子レンジで1分あたためるだけでうなぎの蒲焼が楽しめる、魚のすり身で作った蒲焼風かまぼこ。SNSやメディアで話題となり、発売5年目を迎えた。  今回のリニューアルで、「うな次郎」はついに「うなぎフリー」になる。従来品に使用していたうなぎエキス…

続きを読む

2月外食伸長も 後半はコロナで落込みへ

 日本フードサービス協会が、先ごろ発表した令和2年2月の 外食産業市場動向調査によると、全体としては、うるう年と休日数が増加したことで売り上げは前年を5%上回った。  新型コロナウイルス影響は、業態、立地等によって明暗が分かれた。  ファーストフードが好調な持ち帰り需要に支えられ上振れした一方で、レストラン・居酒屋業態、インバウンドや宴会需要減少から、月後半、特に政府から大規模イベン…

続きを読む

木村沙織さんが「紀文ヘルシー商品アンバサダー」就任

 紀文食品では、2020年春夏の販売促進活動として「ロカボ®」「高たんぱく」「低脂肪」を重点テーマとする商品のプロモーションを4月1日から開始した。それに伴い、元女子バレーボール日本代表の木村沙織さんを「紀文ヘルシー商品アンバサダー」として起用。  店頭ポスターや特設Webサイトなどを通じて、糖質0g麺の認知拡大やはんぺんの焼きメニュー提案、魚肉練り製品の健康価値を訴求してゆく。 …

続きを読む

2月の輸入すり身

 財務省の貿易統計によると、2020年2月に我が国に輸入されたすり身は、8358㌧で前年同月比29.4%減と2カ月連続で大幅な落ち込みとなった。とくに、米国からの搬入は1031㌧にとどまり、57.4%減と半減した。  一方、東南アジアはタイが2126㌧で2.9%増となった以外、大半の地域で減少した。ベトナムは779㌧で50.7%減、インド2474㌧で6.5%減、インドネシア194㌧で53…

続きを読む