江戸前場下町のおでん店「海の幸 福笑」

 東京・豊洲市場に、1月24日、「江戸前場下町」がオープンした。午前中や昼時には、長蛇の列ができるほどの賑わいを見せている。午後に入ると、人出も途切れがちになるが、夕刻になると再度、食事目当ての観光客で混雑するそうだ。

 新施設には、21店舗が出店しており、市場の食材を使った海鮮焼きや寿司をはじめとする日本食が楽しめるほか、市場の新鮮な食材や日本らしいお土産も購入できる。

DSC_6175.JPG 

 そんな中で、おでんを提供するのが「海の幸 福笑」。5人も入ると小さなカウンターはほぼ満席状態。オープンは、大混雑で長い長い列ができたそうだ。テイクアウトもできるので、野外のオーブンテラスで楽しむこともできる。

 おでん種は「七福」350円。エビ・ハマグリ・ホタテ・タコ・イカにナルト・のし餅の7種の具材が入った巾着おでん。価格もそれなりだが、酒のつまみにもピッタリだ。

DSC_6178.JPG

 「海のつくね」(350円)は、白身・イワシのすり身にエビ・イカ・鯛、つなぎに、はんぺんを使ったソフトな食感が美味しい。シュワシュワとしたマシュマロのような食感だ。

 このほかのおでん種は「大根」200円、「玉子」200円、「五島うどん」250円が用意されている。

 飲み物は地酒ワンカップ450円、アサヒスーパードライ350円、出汁割り酒500円、お茶200円も用意されており、軽く一杯にピッタリだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント