第11回「フード・アクション・ニッポン アワード 2019」 「鯖ちくわ」が受賞

全国各地の産品を食のプロが発掘するコンテスト第11回「フード・アクション・ニッポン アワード 2019」の「受賞」10産品と「特別賞」5産品が発表されたが、ねり製品関係では、イオンリテール㈱が選出した宮城学院女子大学(連名・水野水産㈱)の「伝承牡丹焼『鯖ちくわ』が」受賞した。

2019-11アワードのサバちくわ.jpg

「鯖ちくわ」は、国産スケトウダラのすり身に、水産加工後に残る新鮮な金華さばの中骨(未利用資源)をレトルト加工し、落とし身として使用した牡丹焼ちくわ。昔ながらの味を再現するために化学調味料は敢えて使用していない。

 イオンリテール㈱は「産学連携体制であること、いま人気の鯖を活用していること、ちくわという手軽さ、そして地域への貢献が伝わること。これらがポイントとなり選定した。弊社の店頭売り上げにも貢献するのではないかと思う」と評価した。

 宮城学院女子大学は「宮城学院女子大学のゼミ生、そして石巻の地域の皆さまと連携をしてきました。これからも地域の活性化を目指して取り組んでいきたいです」と語っている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント