「国境なき魚たちーさまざまな国に利用される漁業資源の将来ー」テーマに成果発表会

 国立研究開発法人水産研究・教育機構では、来年1月24日(火)、13:30~16:50、東京証券会館ホール(中央区日本橋茅場町1-5-8)で、第14回成果発表会を開く。


 今回は、「国境なき魚たちーさまざまな国に利用される漁業資源の将来―」をテーマに、近年資源量や漁獲量の減少が大きな話題となっており、国際的な枠組みの中で資源管理を行っていく必要があるクロマグロやサンマ等の、現在の資源状態や将来予測等に関する研究成果を発表する。また、これらの資源管理に有用な、漁業実態を把握するためのデータ取得や解析手法についての成果も発表される。


 発表内容

 1.クロマグロ資源の将来予測

 2.カツオ資源の現状と日本近海への来遊メカニズム

 3.メカジキの漁業と資源-気仙沼メカジキを例に-

 4.サンマの分布変化と漁業への影響-14 年間の調査から-

 5.人工衛星で漁船の動きを知る



 入場料は無料だが、1月19日までに事前参加申し込みが必要だ。
ホームページ(http://www.fra.affrc.go.jp/event/20170124/)とFAX(045-227-2702)で申込受付中。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック