「私の人生で1番、美味しい鮨でした」オバマ大統領 ヤナギヤニュース

 ヤナギヤニュース「willow」7月号が、届いた。表紙は、柳屋芳雄社長と料理評論家の山本益弘氏らが、FOOMAに出展していたヤナギヤのブース前で写した写真が使用されている。

画像


 柳屋社長と山本氏が、昵懇の間柄なのは、以前から、よく存じ上げているが、そうした関係からか、山本氏が「食通信」というコラムを連載している。


画像



 7月号は、「設備投資を決断するなら今でしょ!生産性向上設備投資促進税制」「FOOMA報告」「お客様訪問記・九州ペットフード」「全国主要見本市展示会情報」など、多彩な内容が盛り込まれているが、中でも、「食通信」の3回目として、三ツ星レストランの「すきやばし次郎」を取り上げた記事は面白かった。


 ことし4月にオバマ米国大統領と安倍晋三首相が、すきやばし次郎で、会食したことは、テレビや新聞の報道で知っていたが、報道陣がシャットアウトされたため、店内の様子については、いろいろな憶測や噂を呼んだ。


 実際、その時の会談の雰囲気はどうだったのか、興味引かれる記事だった。結論からいうと、三ツ星料理人の二郎さんは、ごく自然に、緊張することもなく、次郎のいつものサービスを提供したということだった。


 オバマ大統領は、出された鮨は、すべて召し上がったが、最後の玉子まで行き着かなかった。そして、「私の人生で、1番美味しい鮨でした」と発言したそうだ。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック