かまぼこの日認知度向上キャンペーン

 全国蒲鉾連合会では、需要期を迎え「11月15日(かまぼこの日)」認知度向上キャンペーンを展開することになった。具体的な計画は、2つ。1つ目は、かまぼこの日用の小型POP(小さな紙製幟)を制作し、キャンペーンに協賛する会員に、有償で購入してもらう。2つ目は、流通販売業者に以下の協力依頼の文書を配布する。


 全蒲制作の小型POPの活用はもちろん、会員が独自のPOPを制作するのも可能だ。ようは、業界あげて、かまぼこの日の認知度を高めようというのが狙いだ。質問や、協賛を希望する会員は、全蒲事務局まで気軽に問い合わせて頂きたい。電話03-5916-4778まで。


 「11月15日はかまぼこの日」というのは、業界関係者なら常識だと思われるが、一般消費者の認知度となると、その浸透具合は疑問だ。昭和58年にかまぼこの日を制定して以来、各地で小学校や福祉施設へかまぼこ贈呈、ゆるキャラ着ぐるみカマピー・チックルの派遣、親子かまぼこ手作り体験など、様々なイベント活動を続けてきたが、近年のマンネリ化は否めない。そこで、再度、かまぼこの日の認知度向上キャンペーンに本腰を入れようというもの。


 小型POPの活用の他にも、以下の依頼状を活用して、独自の消費拡大のための企画も可能だ。具体的な事業の流れとしては、全蒲が直接、流通業者に文書を出すのではなく、依頼状は、全蒲が会員に送付し、会員から取引先に届けるという図式だ。

画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック