「かまぼこは不滅です」佐賀名人が切り出し披露

画像


 小田原かまぼこ桜まつりが、3月30日・31日の両日、小田原城二の丸広場で行われ、大勢の花見客で賑わった。「花見じゃ! 花見じゃ! かまぼこで花見じゃ! 春を遊ぶ 桜の宴」と銘打った同イベントも、今回で17回目。すっかり市民の間にも定着した。

画像


 初日は、雨は降らなかったものの、花冷えの厳しい曇り日。それでも、地元の住民や観光客で、オープンから賑わった。メインステージでは、ミニコンサート、かまぼこ板を高く積み上げるかまぼこ板一夜城合戦など、楽しいイベントが繰り広げられた。
 
画像


 この3月で、50年勤めた鈴廣かまぼこを退職するフードマイスターの佐賀勝男氏による「かまぼこ名人手作り実演」には、最後の晴れ姿とあって、沢山のマスコミや市民が、その妙技に見入った。佐賀さんは、紹介されると、万感溢れる表情で「永いことお世話になりました。かまぼこは永久に不滅です。小田原かまぼこを愛してください」と、頭を下げた。

画像

 
 佐賀名人は、ことしも、見事な鶴の切り出しを披露。いまにも飛びたとうとする鶴に、やんやの拍手が巻き起こった。会場では、小田原のかまぼこメーカーの製品を弾力、味などから判断する「ききかま大会」、「小田原蒲鉾大売出し」「湘南ベルマーレふれあいランド」、「おだわらバーガー」などが販売され、賑わった。

画像



 会場入り口では、小田原蒲鉾組合が現在、取り組んでいる新規かまぼこ事業「森で生まれ海で育ち」の開発商品も展示された。これは、地元の間伐材の杉を利用して、かまぼこ板を製造し、相模湾に水揚げされる地魚を使ったかまぼこを製造するもの。祭りの期間中、スギ板が、無料で配布されたほか、試作かまぼこが展示試食された。

画像















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

オークリー メガネ
Excerpt: 「かまぼこは不滅です」佐賀名人が切り出し披露 速報かまぼこニュース/ウェブリブログ
Weblog: オークリー メガネ
Tracked: 2013-07-05 20:16

プラダ バッグ
Excerpt: 「かまぼこは不滅です」佐賀名人が切り出し披露 速報かまぼこニュース/ウェブリブログ
Weblog: プラダ バッグ
Tracked: 2013-07-07 04:45