コロナ禍の中、増加を記録 2020年のかまぼこ生産 

 食品需給研究センターが、2月10日、令和2年(1-12月)のかまぼこ生産量を公表したが、ちくわ・かまぼこ生産量は44万7797㌧で1.8%の増加となった。  品目別で見ると、ちくわとあげものの好調ぶりが目立つ。ちくわは、6万3322㌧で前年比5.3%の増加。3月以降、すべて前年実績を上回った。この動きは、家計調査と同傾向が見られる。  また、あげものも4.2%増と好調だった。ちくわ…

続きを読む

2年連続で増加 2020年のねり支出

 令和2年(1-12月)の水産ねり製品の支出金額は8601円で前年比2.6%の増と2年連続の増加となった。すべての品目で増加した。    内食需要による量販店での販売が好調で、コロナ禍の中、ねり支出は堅調な推移を辿った。感染拡大の影響で、自宅での喫食機会の増加で思いのほか、好調な結果につながった。    ちくわは、1748円で7.4%の増加ともっとも好調に推移した。1月こそマイナスのスタ…

続きを読む

数量7.5%、金額3.1%の減少 豊洲市場・2020年12月のねり取扱実績

 2020年12月の豊洲市場のねり製品取扱量がこのほどまとまった。それによると、令和2年12月のねり製品取扱量は2020㌧で前年12月と比較すると7・5%の減少、金額は22億1111万円で前年比2・6%の減少という結果になった。  品目別で見ると、おせちのメイン商材となるかまぼこは596㌧で前年比10・8%の減少、金額ベースでは10億1089万円で前年比5・7%の減少。伊達巻は数量314…

続きを読む

板かまぼこ15.4%の大幅増 11月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、1月12日、令和3年11月のかまぼこ製品の生産量を公表した。  それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は4万3642㌧で前年比3・1%増と3カ月連続で増加を記録した。品目別では、なると・はんぺんを除いたすべての品目で増加した。    ねり製品の生産量は、夏場8月に微減となったものの、コロナウィルス拡大の中、好調に推移している。ちくわ、板かまぼこをはじめ各品目とも…

続きを読む

あげもの好調 10月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、12月10日、令和2年10月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は4万2076㌧で前年比4・2%増と2カ月連続で増加を記録した。その他を除いてすべての品目で増加した。  ねり生産は8月こそ減少したものの、その後、コロナウィルスの影響を受けながらも、堅調な推移を辿っている。ちくわ、板かまぼこをはじめ各品目とも好調。10月に入って、あ…

続きを読む

カニカマ生産増続く 8月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、10月10日、令和元年8月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万4528㌧で前年比1.0%の増加となった。1-8月累計では27万6750㌧となり前年比1.9%の減少。  8月の動きを品目別にみると、増加したのは、板かまぼこ、なると・はんぺん、その他。板かまぼこは3335㌧で8.5%増、なると・はんぺん2135㌧で7.7%増、そ…

続きを読む

速報かまぼこニュース発信 水産煉製品新聞・交流・東蒲新聞 編集制作 全国蒲鉾品評会ガイド・「昔の蒲鉾・今の蒲鉾」発行 どい事務所 poisson@mvh.biglobe.ne.jp 電話03-5916-4778