落語とおでん

 江戸時代に誕生した落語は、手軽な庶民の娯楽として親しまれ、市井の人々に、愛され、育まれて、今日に至っています。そのため、庶民の日常生活の中で、垣間見る人間模様を軽妙洒脱に描写した場面が多く、時代の風俗、生活感を伺い知ることができます。  かまぼこが登場する演目も少なくありません。その代表格が、「長屋の花見」。皆さんも一度は、耳にしたことがあるでしょう。長屋の熊さん、八つぁんが、大家さんか…

続きを読む