テーマ:企業情報

蒲サ食品が倒産

 ㈱蒲サ食品(資本金6000万円、愛知県蒲郡市西浦町川東31、代表尾崎英夫氏、従業員55名)は、5月14日に名古屋地裁豊橋支部に自己破産を申請し、同日、破産手続き開始決定を受けた。  1946年(昭和21年)1月に創業。「マルサのちくわ」を主力商品として、ちくわやおでん種など100種類を超えるアイテムの水産ねり製品の製造を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白謙かまぼこ 仙台空港店がオープン

 白謙かまぼこ店 仙台空港店が、2019年5月1日(水)、仙台空港ターミナルビル2階中央テナントゾーンにオープンした。  白謙蒲鉾店は、大正元年の創業。100年以上にわたり伝統を継承し、高品質のかまぼこを作り続けている老舗だ。これまで、白謙のかまぼこを空港で、買い求めたいとの要望の声が多く寄せられていたことから、初めて出店する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うな次郎君」サイトオープン 一正蒲鉾

 一正蒲鉾㈱(本社所在地:新潟県新潟市東区、代表取締役社長:野崎正博氏)では、うなぎ蒲焼風蒲鉾「うなる美味しさ うな次郎」のCMキャラクター『うな次郎くん』公式サイトを7月20日土用丑日、7月26日うな次郎の日に合わせてオープンしている。  【うな次郎くん公式サイト】 URL:https://www.ichimasa.co.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ころん発売20周年キャンペーン フジミツ

 フジミツが1997年に販売を開始した「チーズころん」が、このほど、20周年を迎えた。同社では、これを記念して、キャンペーンを展開中だ。  キャンペーン対象商品を購入すると、藤光海風堂オリジナルムーミンマグカップがプレゼントされるもの。(ご注文する商品により、プレゼントするマグカップの個数は異なります。)  対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一正蒲鉾のキャンペーン

 一正蒲鉾㈱(本社:新潟県新潟市東区 代表取締役社長:野崎 正博)は、忙しい女性のためのご褒美キャンペーン「新潟発 目指せキレイ!!プレゼントキャンペーン」を2017年8月1日(火)から開始した。  対象は、全国の女性。キャンペーン期間中に対象商品「ハトムギCDRエキス+舞茸エキス」を定期コースを注文すると初回限定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

営業利益66.8%増 一正蒲鉾 6月期連結

 一正蒲鉾㈱の2017年6月期の連結業績は、売上高は347億85百万円(前連結会計年度比2億58百万円(0.7%)の減少)、営業利益は13億31百万円(前連結会計年度比5億33百万円(66.8%)の増加)、経常利益は15億26百万円(前連結会 計年度比10億40百万円(214.4%)の増加)となり、当期純利益は8億46百万円(前連結会計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「丸う田代 Mark Is みなとみらい店」がオープン

 小田原の丸う田代の直営店「丸う田代 Mark Is みなとみらい店」が、5月26日、横浜に、新規オープンした。弁当や惣菜など、手作りの美味しさをお届けする総菜ショップ「ゆーでり」を併設した新しいタイプの店舗。  小田原蒲鉾をはじめ、だて巻やいか塩辛など、人気の商品を取りそろえた。昼食や夕食に利用できる各種弁当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀文の「新商品ちくわは何味?」クイズ

 ㈱紀文食品が2月27日に今までになかった味のちくわを新発売する。  同社では、これに合わせて、1月30日から、2月13日まで、次の4つの味のツイートの中からこれだ!と思う味をリツイートする「Twitterキャンペーン」展開中だ。  新発売するちくわ味は、いった何の味なのか? 新商品が100名にプレゼント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐々木圭司氏の笹かま NHKが紹介

 1月15日(日)、10時53分~10時55分まで、NHK総合テレビで、宮城県・名取市のささ圭・佐々木圭司会長の笹かまぼこづくりが紹介される。  翌16日(月)の 14時54分~14時55分にも放送される。  番組紹介  東北のキラリと光るモノ作りを伝える「みちのくモノがたり」。御年94の職人が半世紀ぶりによみがえらせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京支店の移転・東京本社へ昇格 ウエノフードテクノ

 ㈱ウエノフードテクノの東京支店が、移転することになった。同社では、これを機に東京本社に昇格させ、本社(大阪)・東京本社の2本社体制となる。  東京本社の新住所は  〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目5番6号 上野東京本社ビル  電話番号、FAX番号が下記の通り変更となる。  営業部TEL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大寅 春の桜まつり

 大寅かまぼこの「大寅 春の桜まつり」が3月25日から4月3日まで、展開される。  1回の買い物で900円以上購入すると抽選で、はもちくわ、小判・梅焼と好きな天ぷら3枚がプレゼントされるもので、合計500人に当たる。  期間限定商品やお得な限定セットも用意致されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一正蒲鉾 東証一部銘柄に

 東京証券取引所は、平成26年11月28日をもって、一正蒲鉾㈱を、東証第二部から同市場第一部銘柄に指定することを発表した。  同社では、一部銘柄への指定を記念して、1株当たり12円の普通配当に加え、1株当たり1円の記念配当を実施すると発表した。この結果、当期の年間配当金は1株につき、13円となる予定だ。   一正蒲鉾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カニカマ生誕40周年」大崎水産が全面広告

 11月15日のかまぼこの日。広島の大崎水産が、中国新聞に「カニカマ生誕40周年」の全面広告を掲載した。  同社の二代目社長・故大崎勝一氏が、戦後、日本が生んだ3大加工食品の1つ、かに風味かまぼこ「フィッシュスチック」を開発した経緯や、同社の歴史が記されている。  勝一氏は、かまぼこ業界のエジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジミツ50周年記念式典に500人

 フジミツ㈱(山口県長門市・藤田雅史代表取締役社長)は10月10日、長門市仙崎のルネッサながとで会社設立50周年記念式典を開催した。当日は、社員や関連企業など約500人が出席し、同社の記念日を祝った。  藤田光久会長は「社員たちとともに、多くの困難を乗り越え、今日を迎えることができた。50周年を機に、社員一丸となって、さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回お正月絵本作品募集 紀文食品

 ㈱紀文食品では、日本の正月の意義やいわれを、絵本を通じて子どもたちに楽しく伝え継いでいくことを目的に、7回目となる「お正月絵本作品募集」を実施している。例年、多くの力作が寄せられるが、少しでも多くの人が参加できるように、今回は例年より1ヵ月応募を早めた。  併せて、過去の応募作品を通じて、次世代に向けた年神様や正月文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一正蒲鉾 太陽光発電を開始

 一正蒲鉾㈱(代表取締役社長 野崎正博)では、東港工場(新潟市北区)に太陽光発電設備を設置し、7月1日から発電を開始した。  太陽光発電設備は工場および倉庫の屋根に太陽光発電パネルを設置し、資産の有効活用を図ると共に、再生可能エネルギーを利用促進し、環境保全ならびに環境負荷の軽減に貢献することを目的としている。  ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげさまで 誕生40周年 「フィッシュスチック」

 いまや世界で食べられるようになった「かに風味かまぼこ」。その元祖が広島の大崎水産が開発した「フィッシュスチック」であることは、業界関係者なら誰でも知っていることだ。  同社では、カニカマ誕生40年を迎えたことしの6月初旬から「おかげさまで 誕生40周年」をデザインした配送車を走らせている。大崎水産の社風を象徴するよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤辰商店が倒産

 帝国テータバンク山口支店によると、長門市の名門かまぼこ製造会社の藤辰商店(長門市東深川、藤田照人社長、従業員20人)は2月24日、山口地裁に自己破産を申請し、事実上、倒産したことがわかった。負債は約3億8000万円。  同社は1887(明治20)年創業。かまぼこを主体に天ぷらなどを製造していた。2001年の第54回全国蒲鉾…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヤナギヤ 医薬製造機業界へ参入

 水産ねり製品機械のトップメーカー・㈱ヤナギヤ(山口県宇部市)が、1月11日付けの日経新聞中国版で「医薬製造機を事業化~水産向け応用 原料均一に撹拌~」というタイトルで紹介された。  記事の内容は、同社が医薬品製造機の本格展開に乗り出すというもので、魚肉を均一にかき混ぜたり潰したりする「撹拌擂潰(かくはんらいかい)機」の技術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦坂製作所が廃業

 竹輪製造機器メーカーとして知られる機械メーカー㈱彦坂製作所(愛知県豊橋市)は、平成25年12月31日を持って廃業した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つみれレシピコンテスト開催中 フジミツ

 ㈱フジミツでは、10月1日から31日まで、つみれレシピコンテストを実施している。  応募テーマは「同社グループ企業・博多魚嘉のつみれを使い、煮る・焼く・蒸す・揚げる、和・洋・中など、鍋物以外のオリジナルレシピを募集」。  一人で、何品でも応募可能(但し、同じレシピでの複数応募は不可)。  結果発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大アキ服部が自己破産

 ㈱大アキ服部(愛知県名古屋市港区新茶屋)と、関連会社1社は、9月9日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。負債は2社合計で約5億6000 万円。    同社は、以前に、1度、経営的に行き詰まったが、中堅スーパーの支援を得て、事業を継続してきた。一部、伝わるところによると、取引先の要請を受けて、増産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀川の北海道工場本格稼動 4日に竣工祝賀会

 昨年4月から建設が進めていた㈱堀川(堀川政良社長)の北海道工場が本格的な稼動を始めた。9月4日には、関係者が多数出席して竣工祝賀会が開かれた。北海道恵庭市内にあった旧北海道工場の老朽化に伴い、数年前から改築が計画されていたもの。生産能力は旧工場の2割増強された。  投資金額は約20億円。敷地面積は3万2900㎡。鉄筋コンクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紋別・出塚水産新千歳空港店OPEN

 北海道の千歳国際空港国内線旅客ターミナルビル2階に、7月26日、紋別の出塚水産(出塚容啓社長)が千歳空港店をオープンした。同フロアには、小樽・かま栄空港店が営業しており、その繁盛ぶりについては、業界関係者がよく知るところ。    出塚水産は、オープン記念商品として、限定1000個の「もえかまぼこ」(1050円)を販売したほか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマサ蒲鉾「さっちゃんの絵コンクール」

 ヤマサ蒲鉾㈱(姫路・名田和由社長)が、9月7日まで、さっちゃんの絵コンクール作品募集を行っている。今回のテーマは「さっちゃんの旅行」。  応募資格は「子供1の部」=小学校3年生以下のすべての子供。「子供2の部」=小学校4年生~中学3年生。「大人の部」=高校生以上の人。四つ切り画用紙にクレヨン、色鉛筆、水彩に限る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐々直 名取店がオープン

 笹かまメーカーとして知られる佐々直が、新店舗「佐々直 旬海堂名取店」を7月10日、名取市増田字柳田353-1(仙台空港アクセス線 杜せきのした駅 徒歩5分、佐々直名取工場併設)【電話022-395-5155】に開店した。  営業時間 午前9時~午後6時、毎週水曜定休。  OPEN記念セールが、7月10日(水)~12日(金)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっちゃんの家オープン

 ヤマサ蒲鉾のキャラクター・さっちゃんの家が4月24日にオープンした。 場所は姫路の西二階町商店街。  家の中にはさっちゃんと写真の撮れるベンチや、さっちゃんプリクラ、さっちゃんグッズ自動販売機がある。  同社では「大手前通りから西二階町商店街に入ってすぐの所にありますので、ヤマサ蒲鉾大手前店にお立ち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

上野製薬「リスクと上手につきあおう」パンフを配布

 上野製薬㈱では、一般消費者向けにマンガ・イラストなどを交えて、リスク情報と上手に付き合っていくにはどうすれば良いかを気軽に知ることができるパンフレット「リスクと上手につきあう」を製作し、配布を開始した。  上野製薬㈱食品事業統括本部は、保存料からスタートし、食品の衛生的な保存をテーマとしている。また、パンフレットやホーム…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

スギヨの北陸冷凍工場・本社事務所竣工祝賀会

 ㈱スギヨでは、このほど、北陸工場(七尾市西三階)に冷凍工場と本社事務所を増床した。4月30日(火)に、スギヨ北陸冷凍工場・本社事務所竣工祝賀会が行われる。  当日は谷本石川県知事、不嶋七尾市長をはじめ、多くの来賓の出席が予定されており、新施設の内覧も行われる。 今回の新工場建設により、七尾市内の数カ所に…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

岡山・元大が自主廃業へ

 4月8日付けの本ブログで報告していた通り、岡山の中堅ねりメーカー㈱元大が、5月31日で自主廃業することが明らかになった。  「引き続く消費低迷と、低価格競争があいまって業績が悪化した」ことが原因だ。同社の創業は1928年(昭和3年)、法人化は昭和31年。従業員は180人。国内と、北米、東南アジアにも輸出していた。   …
トラックバック:2
コメント:500

続きを読むread more