父の日に向けて「プリかま」焼き印代無料キャンペーン 鈴廣かまぼこ

 ㈱鈴廣蒲鉾本店(鈴木博晶社長)は、描いて伝えるプリントかまぼこ「プリかま」の焼印代を無料にする「プリかま焼き印代無料キャンペーン」を5月26日(日)から6月16日(日)に実施する。これは、通常500円の焼き印代を無料で提供するもので、6月16日の父の日に向けて利用してもらおうというもの。 「プリかま」焼き印代無料キャンペーン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はんぺんのミニコラム 紀文食品

 【はんぺんは高たんぱく、低脂質な食べ物】  近頃、話題になっている「高たんぱく質」食品。実は、はんぺんも高たんぱくな食べ物であることをご存知でしょうか?  牛肉や鶏卵と比べると同程度のたんぱく質量を持ちながらエネルギーと脂質が低いことがわかります。上手に活用して、栄養バランスのよい食事作りにぜひお役立てください! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マツコの知らない「ちくわぶ」の世界

 マツコの知らない東京ローカルフード「ちくわぶ」の世界。  5月28日(火)放送のマツコの知らない世界・スペシャルで、ちくわぶが取り上げられる。    案内役は、ちくわぶ料理研究家の丸山晶代氏。阿部善商店のちくわぶや、数社の製品が取り上げられる予定だ。  丸山さんがちくわぶの可能性を熱弁する。「ちくわぶは何にでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の最適食材「はんぺん」

 おでん種のイメージが強い「はんぺん」は、実は、夏の最適食材ということが、㈱紀文食品が調査した最新のデータで明らかになった。  紀文食品では、先ごろ首都圏在住の女性213名を対象に「夏の料理とはんぺんに関する調査」を実施した。それによると、消費者が夏の料理に重視するポイントトップ3は「簡便さ」、「食欲が湧くもの」、「栄養バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季の笹かまぼこ「枝豆」発売 阿部蒲鉾店

 ㈱阿部蒲鉾店は、6月1日から季節限定商品「四季の笹かまぼこ【枝豆】」を販売する。四季の笹かまぼこ【枝豆】は、秋田県大館産の甘みと香りが強い枝豆をふんだんに入れた夏限定の笹かまぼこ。  暑い日にビールや麦茶を片手に家族みんなで食べたくなる味わいに仕上げた。今しか出会えない季節限定の笹かまぼこ。  「四季の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」発売へ 一正蒲鉾

 一正蒲鉾㈱は、「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」を令和元年6月3日から夏季期間限定で発売する。「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」は、SNSやテレビで“うなぎの蒲焼をリアルに再現していると話題の「うなる美味しさ うな次郎」のシリーズ品で、うなぎの長焼き風の形状をした蒲焼風のかまぼこ。  串焼きのカットサイズで販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台蒲鉾組合 青葉まつりで笹かま販売

 第35回仙台青葉まつりが5月18、19の両日、開催され、仙台蒲鉾組合では、ことしも出店して青葉まつりのキャラクターすずのすけの焼き印入りの笹かまを手焼きして販売した。  ことしの青葉まつりは、2日間とも晴天に恵まれ、大勢の観光客などで賑わった。青葉区の勾当台公園や市民広場、錦町公園など、藩制時代の街並みを再現した「伊達縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第5回JSH減塩商品アワード」金賞を受賞 一正蒲鉾

一正蒲鉾㈱は、令和元年5月12日に第8回臨床高血圧フォーラムで「生でおいしい鯛入り太ちくわ」が日本高血圧学会減塩委員会「第5回JSH減塩食品アワード」「金賞」を受賞した。第1回(2015年)から5年連続受賞。  このアワードは、日本高血圧学会減塩委員会紹介する「食塩含有量少ない食品」(JSH減塩食品リスト)内から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒲サ食品が倒産

 ㈱蒲サ食品(資本金6000万円、愛知県蒲郡市西浦町川東31、代表尾崎英夫氏、従業員55名)は、5月14日に名古屋地裁豊橋支部に自己破産を申請し、同日、破産手続き開始決定を受けた。  1946年(昭和21年)1月に創業。「マルサのちくわ」を主力商品として、ちくわやおでん種など100種類を超えるアイテムの水産ねり製品の製造を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「父の日かまぼこ」キャンペーン 全蒲青

 全国蒲鉾青年協議会(松澤誠会長)では、ことしも全国の会員に呼びかけ「父の日かまぼこキャンペーン」を展開する。ことしの父の日は6月16日(毎年第3日曜日)。  キャンペーンを担当する流通広報委員会(野中優二委員長)は、先ごろ、ロゴを会員に送付して、各社でキャンペーンを実施するよう呼び掛けている。  同キャンペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新感覚の冷やしおでん2種を発売 鈴廣かまぼこ

 ㈱鈴廣蒲鉾本店(鈴木博晶代表取締役)は、6月1日から「こくうま煮干し醤油」と「さっぱり鯛だし」の2種の「冷やしおでん」を夏季限定販売する。  「こくうま煮干し醤油」は煮干しだしのコク深い旨みの中に、隠し味の生姜を効かせたひと品。醤油の香りが食欲をそそる。  「さっぱり鯛だし」は塩で仕上げた豊かな風味の鯛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生産にブレーキ 3月のねり生産

 食品需給研究センターが、5月10日、平成31年3月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万4698㌧で前年比2.0%の減と半年ぶりにマイナスとなった。1-3月累計では11万3990㌧となり前年比0.3%の増加。  3月の動きを品目別にみると、その他が8323㌧で0.2%の微増となったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かまぼこ面白事例の第2弾

 かまぼこ業界関係者なら、知っていて当たり前、常識だが、一般の人から見ると、それがとんでもなく面白いことだったり、意外なことというような事例である。かまぼこ面白事例第2弾。  ペリー提督  1853年、わが国に開国を迫ったアメリカのペリー提督が黒船でやってきた。その時、かまぼことはんぺんがおもてなし料理としてふるまわれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴廣「#かまぼこ朝活生活」Twitterキャンペーン

 ㈱鈴廣蒲鉾本店(鈴木博晶社長)は、 健康増進をサポートする試みとして、 鈴廣の人気商品「切れてる板わさセット」が当たるツイッターキャンペーンを5月10日(金)から5月31日(金)まで実施する。  「#かまぼこ朝活生活」Twitterキャンペーンは、Twitterで「#かまぼこ朝活宣言」をつけて朝活でやりたいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「母の日メッセージかまぼこをつくろう!」イベント

 カネテツデリカフーズ㈱は、2019年5月12日(日)に、ちくわ・かまぼこ 手作り体験施設「てっちゃん工房」で、母の日企画として「母の日メッセージ かまぼこを作ろう!」イベントを開催する。  かまぼこを2本作って、板の上に乗ったすり身を竹べらを使用してのばし、色のついたすり身(絞り袋入り)で自由にデコレーションする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かまぼこ面白事例

 かまぼこ業界関係者なら、知っていて当たり前、常識だが、一般の人から見ると、それがとんでもなく面白いことだったり、意外なことというような事例である。そんな事例をみつけたので、紹介したい。  千利休  茶人として知られる千利休は、茶会の席でたびたびかまぼこをふるまったといわれる。利休の茶を愛した織田信長との茶会の席でもかま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原でかまぼこ塾開催 全蒲青

全国蒲鉾青年協議会(松澤誠会長)の「蒲鉾塾」が、6月19日(水)、13時から16時まで、小田原蒲鉾協同組合(神奈川県小田市本町3-4-17・小田原駅から徒歩約15分)で開催される。5回目のかまぼこ塾となる。  今回の研修内容は、水産練り製品製造技能士(国家資格)についての技術研修。グチの捌き、水さらし、絞り、成形(なると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月のすり身輸入

 財務省が、このほど、2019年3月の貿易統計を発表した。それによると、3月に、わが国に搬入されたすり身は1万8742㌧で、前年同月比93.2%にとどまった。1-3月累計では4万7177㌧で前年同期比95.8%とマイナスとなっている。  米国からの輸入量は8704㌧で、前年同月比18.1%の減。東南アジアではベトナム、インドネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白謙かまぼこ 仙台空港店がオープン

 白謙かまぼこ店 仙台空港店が、2019年5月1日(水)、仙台空港ターミナルビル2階中央テナントゾーンにオープンした。  白謙蒲鉾店は、大正元年の創業。100年以上にわたり伝統を継承し、高品質のかまぼこを作り続けている老舗だ。これまで、白謙のかまぼこを空港で、買い求めたいとの要望の声が多く寄せられていたことから、初めて出店する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一正蒲鉾 小樽市とパートナー協定結ぶ

 一正蒲鉾㈱(本社:新潟市 野崎正博代表取締役社長)の北海道事業部と小樽市(北海道)は、地域における幅広い分野での連携と協力に関するパートナーシップ協定を締結した。  今後、両者は、双方のパートナーシップを更に深め、小樽市民に対するサービスの向上と地域の一層の活性化に務めてゆく。 ■具体的な連携・協力事項…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more