「すみっコぐらしかまぼこ」発売 紀文食品

 紀文食品では、3月30日から、サンエックス㈱の人気キャラクター“すみっコぐらし”のしろくまとねこをかたどった かまぼこ「すみっコぐらしかまぼこ」を全国で発売する。    商品特長  ●子供はもちろん、幅広い世代に人気の“すみっコぐらし”とのコラボレーション  ●しろくまとねこをかたどった、かわいらしい白と黄色の 2 色のかまぼこ  ●弁当にも、トッピングにも使いやす…

続きを読む

受験合格祈念して「はぴかま」「かまカツ」合格セット発売 熊野蒲鉾店

 ㈲熊野蒲鉾店(香川県高松市、熊野博文代表取締役)は、2020年3月5日から特別セットとして、はっぴーかまぼこ「はぴかま 合格祈願2020」と「かまカツ」の「受験に勝つ!!」セットを販売した。  「はぴかま 合格祈願」は、滝宮天満宮で祈祷した焼き印金型で『合格祈願』の文字を入れたチーズ入りかまぼこ。(受験に勝つはぴかま単品価格1個250円)。  かまカツは、試験に勝てるように…

続きを読む

3月19日放送の「ケンミンショー」はねりもの特集

 毎週木曜・夜9時から日本テレビ系列で放送される「秘密のケンミンショー」の次回3月19日は、ねりもの特集。  同番組のHPの予告によると、取り上げられるのは  ① どんな料理にも合う広島自慢の練り物登場  ②長崎冬イベントの食べ歩きグルメ定番の練り物とは?  ③宮城名物・笹かまぼこに隠された知られざる秘密とは?  広島かまぼこ共和国の建国の準備を進める広島のかまぼこ関係者は…

続きを読む

前年比10.7%減のスタート 1月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、3月10日、令和2年1月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万8458㌧で前年比10.7%の減産となった。  品目別の動きをみると、増加したのは、板かまぼこのみで3879㌧で前年を0.7%上回った。  ちくわは4990㌧で8.4%減、包装かまぼこ1267㌧で0.1%減、なると・はんぺん3065㌧で8.5%減、揚げかまぼこ…

続きを読む

特別賞の「さんまのポーポー揚げ せんべい」

 全国蒲鉾品評会の特別賞。  これは、学識経験者らで組織する審査委員とは違った視点て、業界関係者が「これは素晴らしい」「着想が面白い」「自分でもつくってみたい」と注目した製品に与えられるもので、これまでの受賞製品はテレビ、新聞でも大きく取り上げられている。    今回は、いわき市の貴千の「さんまのポーポー揚げ せんべい」が選ばれた。  これは、第6部会の低・未利用魚利用製…

続きを読む

話題をさらった2点の細工かまぼこ 第72回全国蒲鉾品評会

 第72回全国蒲鉾品評会が先ごろ開かれたが、コロナウィルスの影響で、展示試食会は中止となり、審査会のみの実施となったが、細工部門には、今回も富山などから多くの力作が出揃った。  中でも、細工かまぼこの主要産地である富山の尾崎商会と河内屋から出品された2点は関係者の関心を集めた。  尾崎商会の「モンロー」は見るからに衝撃的なセクシー女優「モンロー」を描いた。立体感に工夫を凝らした素晴ら…

続きを読む

カニカマ需要は続いているが… 1月の家計調査

 総務省統計局は、3月6日、令和2年1月の家計調査を発表したが、1月の水産ねり製品支出は、635円で、前年同月比3.8%の減少となった。すべての品目で支出金額を落としている。  そんな中、カニ風味かまぼこを含むかまぼこ支出は、192円と前年支出を1%下回ったものの、落ち込み幅は小さく、一昨年が続く勢いは保っているようだ。  暖冬で、あげもの、ちくわは振るわず、それぞれ2.6%、4.5…

続きを読む

全国から750点が出品 特別賞には貴千の「さんまのポーポー揚げせんべい」 全国蒲鉾品評会

 全国蒲鉾品評会の審査会が3月9、10の両日、東京海洋大学で開かれている。8日が出品受付、9日が審査会、きょう10日に最終審査が行われる。審査結果は、今月下旬には発表される予定だ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、展示試食会は中止で審査のみの実施となった。  今回、全国から寄せられた製品は750点。例年は800点を超えるがやはりコロナウィルスの影響が響いた。細工物には、富山の額モ…

続きを読む

特設サイト「魚肉たんぱくラボ」を公開 一正蒲鉾

 一正蒲鉾㈱は魚肉たんぱくに関する情報を発信する特設サイト「魚肉たんぱくラボ」を 2020年3月4日からHP上で公開している。 高たんぱく、低脂質の食品として、日本のみならず世界からも注目される「魚肉たんぱく/フィッシュプロテイン」について、同社では研究・開発を行っている。  900年以上前から食べられてきたかまぼこは、日本の伝統的な食文化であるとともに、健康機能面でのメリットも…

続きを読む

前年比26.8%減 1月の輸入すり身

 財務省の貿易統計によると、2020年1月に我が国に輸入されたすり身は、1万2144㌧で前年同月比26.8%減となった。  米国からの搬入は2664㌧で12.4%減少した。    1月は、主要国は軒並み減少となった。タイは1880㌧で15.9%減、アルゼンチンは636㌧で19.7%減、ベトナムは1094㌧で29.7%減、インド2571㌧で50.6%減と半減、インドネシアは312㌧で43…

続きを読む

㈱オキフーズ「練物屋 道の駅あわじ店」3月13日にオープン

 一部既報=㈱オキフーズの直営店「練物屋 道の駅あわじ店」が3月13日(金)にオープンする運びになった。場所は、淡路島の最北端。明石海峡大橋を望む絶景が拡がる抜群のロケーションだ。  営業時間:10時から16時 定休日:毎週水曜日  同社では「道の駅あわじを運営する㈱淡路観光開発公社から機会を頂き、直営店2店舗目となる『練物屋 道の駅あわじ店』をオープンすることにな…

続きを読む

一正蒲鉾の北海道工場が I SO14001認証取得

 一正蒲鉾㈱の北海道工場(北海道小樽市)が、2020年2月26日に環境マネジメントシステムの一つであるISO14001の認証を取得した。今後も引き続き同社グループの他工場でもISO14001の取得を進める。  <認証取得概要>  適用規格:JIS Q 14001:2015 (ISO 14001:2015)  登録組織:一正蒲鉾㈱北海道事業部 北海道工場    所在地:北海道小…

続きを読む

全蒲青が北海道で役員会・蒲鉾経営塾・工場視察

 全国蒲鉾青年協議会(野中優二会長・野中蒲鉾社長)の第2回役員会が2月26日午後、札幌のレンタルスペースTOWORKで開催され、所定の議案を慎重審議した。  翌27日は、小樽で、交流委員会企画の「蒲鉾経営塾」・佐藤元彦氏に学ぶ――が行われたほか、28日には、資源委員会企画の余市・ニコー食品のすり身工場視察が行われるなど、充実した研修会となった。参加者は、13人だった。 …

続きを読む

前年比81%増でスタート 1月の道産すり身生産

 全国すり身協会が、2月25日、発表した会員報告集計・2020年1月の道内陸上すり身生産量は1193㌧で、前年同月比181%と増加した。この内訳は、スケトウすり身は1137㌧で同177%、ホッケすり身12㌧で、同150%だった。  道内陸上出荷量は1月は839㌧で前年同月比82%。  会員報告による道内陸上1月末在庫量は2862㌧で前年同月比247%(スケトウ2569㌧で263%、ホ…

続きを読む

吉末幸造・㈱ヨシスエ会長が死去

 吉末幸造氏(㈱ヨシスエ取締役会長) かねてより病気療養中のところ、2月28日、死去した。70歳。  通夜は、2月29日18時から、葬儀は、3月1日11時から、佐賀市のメモリードホール新館で行われる。  喪主は吉末和子(故人・令室)、施主は吉末隼人(故人・長男) 通夜 2月29日18時から 葬儀 3月1日11時~12時 メモリードホール新館 佐賀市光1丁目1-16 電話09…

続きを読む

フジミツ㈱のやきぬき(赤)が「日経POSセレクション 2019売上No.1」

 フジミツ㈱の「やきぬき(赤)80g」が、先ごろ、日本経済新聞社の「日経POSセレクション 2019年売上No.1」において、「板かまぼこ」のカテゴリーで選出された。  「日経POSセレクション売上No.1」は日本経済新聞社が全国のスーパー、コンビニエンスストアなどから収集した販売実績データに基づき、2019年各商品カテゴリーで売上高が1位の商品を公表するもの。

続きを読む

阿部蒲鉾店 「はろうきてぃのさくらチーズボール」発売

 ㈱阿部蒲鉾店は、㈱サンリオのキャラクター「ハローキティ」とのコラボ商品『はろうきてぃのさくらチーズボール』を2020年3月1日から、数量限定で発売する。中からクリームチーズがとろけるふっくら蒸したさくら形のかまぼこ。  かまぼこは春らしいさくら形に、パッケージにはさくらを付けた「ハローキティ」をあしらった。かまぼこの中には、濃厚でなめらかなクリームチーズがたっぷり。  おや…

続きを読む

「ほたて風味かまぼこ マヨネーズin」など春夏商品を発売 紀文食品

 ㈱紀文食品では、2020 年春夏商品を 3月1日から発売する。  食における消費志向は、依然、「健康志向ニーズ」が続いており、中でも「たんぱく質摂取」と「“糖質オフ」に、消費者の関心の高さがうかがえる。  紀文食品では、こうした食生活や消費者ニーズを踏まえ、次の視点から春夏商品を展開してゆく。  ① 魚肉練り製品のベネフィットのさらなる訴求「高たんぱく」アイコン掲載商品の拡…

続きを読む

農水大臣賞に「阿部の笹かまぼこ」 第65回全国水産加工たべもの展

 第65回全国水産加工たべもの展の水産ねり製品部門で㈱阿部蒲鉾店(阿部賀寿男社長・仙台市)の「阿部の笹かまぼこ」が最優秀賞の農林水産大臣賞を受賞した。阿部の笹かまぼこは、魚の旨味が味わえる同社の看板商品だ。  水産庁長官賞には野中蒲鉾㈱(佐賀市)の「新鮮煉りたい」、大寅蒲鉾㈱(大阪府)の「彩寿」、㈱浪速大源(大阪府)の「かに風味かまぼこ20本入り」、魚浅蒲鉾本店(大阪府)の「きくら…

続きを読む

豊洲で「春夏商品展示会」 小田原各社が板かまの新たな食べ方提案

 豊洲市場の卸6社による春夏商品展示会が2月18日、同市場7街区水産卸売棟3階塩干卸売場の見本売場内で行われ、ねり製品はじめ、ギョーザ、豆腐、蒟蒻、麺類、塩干品など多彩な商材が展示された。折しも、コロナウィルス流行の余波を受け、会場内はマスク姿の来場者が目立ち、通常より閑散としたイメージを受けた。  カニカマ人気を受けて、パッケージに「魚肉タンパクに筋肉増強効果ある」というメッセ―…

続きを読む