一正蒲鉾 太陽光発電を開始

 一正蒲鉾㈱(代表取締役社長 野崎正博)では、東港工場(新潟市北区)に太陽光発電設備を設置し、7月1日から発電を開始した。


 太陽光発電設備は工場および倉庫の屋根に太陽光発電パネルを設置し、資産の有効活用を図ると共に、再生可能エネルギーを利用促進し、環境保全ならびに環境負荷の軽減に貢献することを目的としている。


 また、発電した電力は固定価格買取制度に基づき全量を電力会社に売却し、その収益は電気料金含めたエネルギー費の削減に充当してゆく。


画像











"一正蒲鉾 太陽光発電を開始"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: