旨すぎる日本酒は飽きられる?

 これまで、日本酒好きを自認してきたが、この1年、馴染みの酒屋への顔出しは、とんとご無沙汰だ。とくに、これといった理由はないのだが、気がつけば、店に行かなくなって1年以上の期間が過ぎた。この間、アルコールを断っていたかというと、決してそうではない。ビールにワイン、焼酎、ウィスキーと飲んでいる。


 ところが、なぜか、アルコール類の中では、もっとも美味しいと思っていた日本酒に触手が伸びなかった。久しぶりに訪れると、店主は「体調もあるし、そういうこともあるでしょう、またよろしく」と、本当に優しい対応をしていただいた。

 
 好みが変わった理由らしきものが、ようやく最近になって、少し、わかってきた。結論から言うと、味が濃すぎるのである。旨すぎるといってもいいかもしれない。



 1つ例をあげると、以前は発泡酒なんてと、エビスとかプレミアムモルツといった高級ビールを粋がって飲んでいたのだが、気がつけば、懐具合もあって、発砲酒ばかり飲むようになった。ある会合で「ビールが、以前のように美味しく感じない。発泡酒のほうが美味しいと感じる舌になった。発泡酒で十分」と告白すると、同様に頷く面々が数多くいた。
 


 日本酒だけを飲むと美味しいのだが、つまみや料理の邪魔をする。美味しさはわかるが、何でもかんでも自分が主役とばかりにしゃしゃり出てくる。そんな焼酎のCMを見かけたこともあるが、これを実感した次第。
 


 かまぼこにも最近、少しくどいと思う商品が、見かけられる。インパクトある味をアピールしているのだろうが、甘い、辛い、苦い…、どれでも、ひとつ、突出したら、そのうち敬遠され、飽きられる。すべての味覚が曖昧に渾然としたところにかまぼこの魅力があるように思う。












"旨すぎる日本酒は飽きられる?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: