1月の道産すり身 前年比26%減でスタート

 全国すり身協会が、2月25日、発表した会員報告集計・2021年1月の道内陸上すり身生産量は881㌧で、前年同月比74%だった。この内訳は、スケトウすり身は867㌧で同76%、ホッケすり身4㌧で33%だった。  道内陸上出荷量は1月は1186㌧で前年同月比141%。  会員報告による道内陸上1月末在庫量985㌧で前年同月比34%(スケトウ759㌧で30%、ホッケ220㌧で同168%。…

続きを読む

刺身風はんぺん2種発売 紀文食品

 紀文食品では、暑い季節にぴったりな、お刺身風に食べておいしいはんぺん「海老はんぺん お刺身仕立て」と「磯はんぺん お刺身仕立て」を3月1日から新発売する。東北~中部エリア。  そのまま食べておいしいふんわりとした食感と広がる素材の香り。そのままスライスしてお刺身風に。お吸い物の椀だねや、サラダのトッピングにもりようできる。さらに、高たんぱく・低脂肪とヘルシー。  「海老はんぺん お…

続きを読む

゜ほぼカニちらし」を期間限定発売 カネテツデリカ

 カネテツデリカフーズ㈱では、話題のねり製品、ほぼシリーズのカニ風味かまぼこ「ほぼカニ」入りのちらし寿司の素「ほぼカニちらし」を2021年2月25日から3月3日までの期間限定で全国発売する。  「ほぼカニちらし」はカニ風味かまぼこの食卓出現率が年間で最も高くなるひなまつりの日の食卓で、カニ風味かまぼこ「ほぼカニ」を手軽に楽しんでもらうために開発した、新商品のちらし寿司の素。 …

続きを読む

「旅するかまぼこ」の美味しさにびっくり

 いつでもどこでも美味しいかまぼこを食べて欲しい--。  そんな思いを込めて、三陸フイッシュペースト㈱が発売している「旅するかまぼこ」に注目したい。加圧加熱殺菌で、保存料不使用で180日の常温保存が可能となった。    そして何より強調したいのが「食べて美味しい」という点だ。2口食べきりサイズで3枚入り。価格は400円。牛タン、チーズ、ブレーンの3種類。  消費が低迷するかまぼこ…

続きを読む

減収増益 一正蒲鉾第二四半期

 一正蒲鉾㈱の第2四半期(2020年10月1日~2020年12月31日)の売上高は195億71百万円で前年同期比1・5%の減、営業利益は15億53百万円で31・1%の増加という結果になった。セグメント別の状況はーー  水産ねり製品 惣菜事業  主力商品群の「カニカマ」は魚肉タンパクがてがるに摂れる食材として浸透し、健康志向の高まりが続く中で販売が伸長している。定番商品である「サラダスティ…

続きを読む

紀文食品 「すみっコぐらしかまぼこ」リニューアル発売

 紀文食品では、人気キャラクター「すみっコぐらし」のキャラクターをかたどったかまぼこ「すみっコぐらしかまぼこ」をリニューアルし、3月1日から全国で発売する。    すみっコぐらしかまぼこは、子供はもちろん、幅広い世代に人気の“すみっコぐらし”とのコラボレーション。  2020年に紀文公式 Twitterで実施した「すみっコぐらしかまぼこ 選抜総選挙」で「かまぼこになってほしいす…

続きを読む

きょうから第55回スーパーマーケットショー

 第55回スーパーマーケット・トレードショー2021は、予定通りきょう2月17日(水)から19日(金)の3日間、幕張メッセ全館で開催される。  2月2日に10都府県の緊急事態宣言が3月7日まで延長される中での開催だけに、事務局では情報を収集し衛生管理に万全を期している。  コロナ禍により多くの商談機会が失われ、経済への深刻な打撃が懸念される中、スーパーマーケットを中心とした小売業へ、…

続きを読む

日本橋・神茂の「手取りはんぺん」

 2021年2月13日放送の日本テレビ「満天☆青空レストラン」で、東京・日本橋の神茂の「手取りはんぺん」が取り上げられた。番組では、タレントの宮川大輔さんとお笑いコンビの「かまいたち」が、神茂のはんぺんの美味しさを楽しい話術で伝えた。  放送の反響は大きく、ネットには1日1000件以上の注文が殺到し、現在、2週間以上待ちの状態。デパート売場にも客が殺到している。井上社長は「お陰様で…

続きを読む

いちまさのヒット商品「白身魚揚げ」に枝豆入り登場

 一正蒲鉾㈱は「白身魚揚げ 枝豆」を2021年3月1日から季節限定で新発売する。  「白身魚揚げ 枝豆」は、いちまさのヒット商品「白身魚揚げ」に枝豆をプラスした商品で、豆腐を使用したふんわりソフトな口当たりの中に枝豆の香りとつぶつぶ感がしっかりと感じられる。  ちょうどいいひとくちサイズ。火や包丁を使いたくない日でもそのまま食べられるので、おうちごはんにもう一品欲しい時やお酒…

続きを読む

コロナ禍の中、増加を記録 2020年のかまぼこ生産 

 食品需給研究センターが、2月10日、令和2年(1-12月)のかまぼこ生産量を公表したが、ちくわ・かまぼこ生産量は44万7797㌧で1.8%の増加となった。  品目別で見ると、ちくわとあげものの好調ぶりが目立つ。ちくわは、6万3322㌧で前年比5.3%の増加。3月以降、すべて前年実績を上回った。この動きは、家計調査と同傾向が見られる。  また、あげものも4.2%増と好調だった。ちくわ…

続きを読む

2年連続で増加 2020年のねり支出

 令和2年(1-12月)の水産ねり製品の支出金額は8601円で前年比2.6%の増と2年連続の増加となった。すべての品目で増加した。    内食需要による量販店での販売が好調で、コロナ禍の中、ねり支出は堅調な推移を辿った。感染拡大の影響で、自宅での喫食機会の増加で思いのほか、好調な結果につながった。    ちくわは、1748円で7.4%の増加ともっとも好調に推移した。1月こそマイナスのスタ…

続きを読む

チーかま枝豆風味 3月1日から新発売

 ㈱丸善は2021年3月1日に「チーかま枝豆風味4本束」を新発売する。 「枝豆風味」は2019年、2020年と期間限定で販売し、フレーバーものとしては過去にないほどの反響を得た。定番のチーかまに加えて、味の選択肢を拡充し、休眠顧客の復活と新規顧客の獲得を目指す。   「チーかま」は魚とチーズの栄養を手軽に摂ることができるという点から学校給食で採用が決まり、今日では、全国のスーパ…

続きを読む

首を傾げてしまう食品価格

 最近の食品の価格はちょっとおかしいなと感じてしまう。  先日、近所のスーパー売場を歩いていたら、弁当売場の一角で、298円の弁当に30%引きのシールが貼ってあるのを見つけた。計算すると208円+税で228円。煮物など美味しそうなおかずに、ご飯がついた立派な弁当の価格である。  こんな値段で、利益が出るのかなと思いながら、別のワゴンの「安い値コーナー」には、なんと198円で2種類の弁…

続きを読む

前年比18.5%減少 2020年の輸入すり身20万㌧割れ

 財務省の貿易統計によると、2020年(1-12月)の輸入すり身は、19万3685㌧で前年比18.5%の減少と、20万㌧を割り込んだ。  米国のすり身生産はBシーズンが不漁で、その減少分がそのまま我が国へのすり身搬入量の減少につながった。  東南アジアはじめ、その他のすり身も生産量は例年とほぼ横ばいで、米国のマイナス分をカバーしきれなかったかたちだ。  昨年暮れ頃から、「価格は…

続きを読む

恵方巻現象に思う

 2月2日・節分の日の夕刻、近所のスーパー売場を覗いてびっくり。  恵方巻を購入しようと出かけたが、すべて売り切れ。そればかりか、マグロ、エビといった刺身類の多くが陳列台から消えていた。特売ワゴンのカニカマも、特売との表示があるのみで、商品はゼロ。寿司類まで完売状態だった。  あまりの異様さに、店員に訊ねると「きょうはお客さんが通常の倍以上も来て、私も驚くほどの売行きでした」…

続きを読む

数量7.5%、金額3.1%の減少 豊洲市場・2020年12月のねり取扱実績

 2020年12月の豊洲市場のねり製品取扱量がこのほどまとまった。それによると、令和2年12月のねり製品取扱量は2020㌧で前年12月と比較すると7・5%の減少、金額は22億1111万円で前年比2・6%の減少という結果になった。  品目別で見ると、おせちのメイン商材となるかまぼこは596㌧で前年比10・8%の減少、金額ベースでは10億1089万円で前年比5・7%の減少。伊達巻は数量314…

続きを読む

日本初!魚も人も食べられる次世代の釣りエサ。魚肉ルアー「#ぷるかまんシャッド」

 三陸フィッシュペースト㈱(及川善弥代表取締役)が販売する食べられるルアー「#ぷるかまんシャッド」がクラウドファンディングサイトMakuakeで発売開始された。  #ぷるかまんシャッドは、老舗かまぼこ屋が食品加工技術を駆使して開発した新しいタイプの釣りエサ。最大の特徴は、「魚も人もおいしく食べられる釣りエサ」だということ。これまでになかった新しい釣具の誕生だ。  活きエサのよ…

続きを読む

前年下回った2020年のコンビニ売上げ

 2020年のコンビニ店の売上げは、全店・既存店ともに前年を下回る結果となった。    全店ベースの年間売上高は10兆6608億円(前年比△4・5%)となり、前年比マイナスで推移。既存店ベースでは10兆1580億円(前年比△4・7%)となり、前年比マイナスで推移した。  来店客数は、全店ベースで159億173万人(前年比△10・2%)となり、前年比マイナスで推移。既存店ベースでは15…

続きを読む

速報かまぼこニュース発信 水産煉製品新聞・交流・東蒲新聞 編集制作 全国蒲鉾品評会ガイド・「昔の蒲鉾・今の蒲鉾」発行 どい事務所 poisson@mvh.biglobe.ne.jp 電話03-5916-4778