半年ぶりにマイナスを記録 8月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、10月12日、令和2年8月のかまぼこ製品の生産量を公表した。

 それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万4304㌧で前年比0・6%の減少と、6カ月連続増加がとまった。板かまぼこ、まると・はんぺん、その他の不振が響いた。

 品目別の動きをみると、好調だったのは、前月に引き続き、ちくわ、包装かまぼこ、揚げかまぼこ。

 ちくわは5218㌧で、7.7%増、包装かまぼこは1234㌧で10.5%と2カ月連続で2桁増加を記録した。揚げかまぼこは1万3633㌧で1.7%の増加となった。
 
 一方、板かまぼこ、はんぺん・なると、その他は減少。それぞれ3.6%、7.7%、6.7%減少した。
 
 1-8月累計では、27万8846㌧となり、前年同期比0・8%増とコロナウィルスの影響をものともせず、前年実績を上回っている。

 ちくわ、揚げかまぼこ、板かまぼこ、包装かまぼこはプラスを維持している。なお、7月の生産量に一部修正が入っている。

2020-10食品産業センターの8月生産量-1.JPG

2020-10食品産業センターの8月生産量-2.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

速報かまぼこニュース発信 水産煉製品新聞・交流・東蒲新聞 編集制作 全国蒲鉾品評会ガイド・「昔の蒲鉾・今の蒲鉾」発行 どい事務所 poisson@mvh.biglobe.ne.jp 電話03-5916-4778