かまぼこの基礎知識

「蒲鉾」の語源  蒲鉾は、最初は竹に刺して焼いたちくわのような姿をしていたが、室町時代には板にすり身を付けて焼く「板付き蒲鉾」の形状になった。  江戸時代後期になると焼かずに蒸す方法が普及し、関東では蒸し蒲鉾が主流となった。  「蒲鉾」という名は、最初の竹に刺して焼いていた姿が植物の蒲の穂に似ていたことから「がまのほ」と呼ばれ、やがて「かまぼこ」になったと言われる。 …

続きを読む