ぼんやりと消費回復の兆し

 コロナウィルスの感染者数は、ここに来て、再度、増加傾向にあり、今後も予断を許さないが、6月に入って各地では、少しずつだが、消費回復の兆しが見え始めているようだ。巣ごもり需要で、量販店の日配関係の好調さは持続しており、前年比1割程度の伸びを続けている。  一方、外出自粛で、壊滅的な状況にあった観光関係のお土産や学校給食など業務用需要は、緊急事態宣言の解除や県外への移動も解除されて、わずかな…

続きを読む