予想外に好調に推移 5月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、7月10日、令和2年5月のかまぼこ製品の生産量を公表した。

 それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万3515㌧で前年比4・5%増と4カ月連続でプラスを記録した。コロナウィルスの影響で様々な経済指標が大きく悪化を示す中で、水産ねり製品支出は、予想外に好調な推移を辿っている。総務省の家計調査でも5月のねり製品支出は、4カ月連続で増加とそれを裏打ちしている。

 観光・レジャー関連のお土産、給食、外食需要が大きく減少する一方で、内食需要の伸び率は想像以上に大きいとみることができそうだ。

 品目別の動きをみると、あげものを中心にちくわ、なると・はんぺんが好調で、包装かまぼこも増加に転じた。あげものは1万4090㌧で1388%増、なると・はんぺんは1883㌧で8・7%増、包装かまぼこは1138㌧で2・9%増。

 反面、板かまぼこ、その他はふるわなかった。板かまぼこは2485㌧で3・9%減、その他は8669㌧で5・8%減だった。
 
 1-5月累計では、17万7344㌧となり、前年同期比0・3%増とプラスに転じた。昨年からずっと減産が続いていた揚げものの需要回復が急。また、ちくわも順調に推移している。

2020-7かまぼこ生産量5月分-1.JPG

2020-7かまぼこ生産量5月分-2.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント