NHK連続テレビ小説「エール」に豊橋竹輪が…

 NHK連続テレビ小説は、「オリンピックマーチ」や高校野球の「栄冠は君に輝く」などを作曲した昭和の音楽史を代表する小関裕而と、その妻・金子の生涯を描いた「エール」が放送されている。

 毎朝、楽しみに見ているが、コロナウィルスの影響で番組制作が一時休止となり、現在は、これまでの再放送分を流している。
 
 一昨日の月曜日の放送の中で、妻役の二階堂ふみが、居間でおやつ代わりに竹輪を食べているシーンが写し出された。妻の金子の出身地は豊橋だが、形状をよくみると、食べていたのは、豊橋の某メーカ―の竹輪であることは、業界関係者ならすぐに気づいたはずだ。一般の人はさすがにそこまでは、気づかないだろうが…。

 1度目の放送時にも、見ていたはずだが、このシーンは見過ごしてしまっていたのかまったく憶えていない。そんなさり気ないワンシーンの小物にまで、制作者の気配りが、しっかりと考証が加えられていることを改めて気づかされた。

 インターネットの普及で民放各局の番組作りは予算削減が厳しく現場は苦労の連続と聞いているが、NHKでは、豊富な資金を背景に上質の番組づくりが行われているようだ。

 中でも、高い視聴率を誇る連続テレビ小説は、予算と人手をかけて丁寧な内容に仕上げてある。今後のエールの展開がさらに楽しみになってきた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント