若い世代の食生活 「朝食をほとんど食べない人」2割

 農林水産省では、若い世代の食生活の現状を分析するため、令和元年11月に、18歳~39歳の男女2,000人を対象にアンケート調査を実施し、調査結果を公表した。

 それによると、起床から外出までの時間が1時間未満の人の約3割が朝食を「ほとんど食べない」と回答していたほか、朝食の摂取状況と経済状況の間に関連があることがうかがえた。

【結果のポイント】
 朝食を「ほとんど毎日食べる」と回答した人が過半数を占めたが、「ほとんど食べない」と回答した人が2割を超えた。特に、起床から外出までの時間が1時間未満の人の約3割が朝食を「ほとんど食べない」と回答した。

 また、朝食や主食・主菜・副菜を組み合わせた食事について、自分の健康に良い等のプラスのイメージを持っている人が多かった一方、作る(準備する)のが面倒というマイナスのイメージを持っている人もいた。

 経済状況との関連をみると、「生活が苦しく、非常に心配」と回答した人の約4割が朝食を「ほとんど食べない」、約半数が主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上食べる頻度が「ほとんどない」と回答した。

 日頃から健全な食生活を実践することを心掛けている人と心掛けていない人は、ほぼ半々だった。小学生の頃の食生活との関連をみると、「常に心掛けている」「心掛けている」人ほど、「1日3食決まった時間に食事をしていた」、「家族揃って食事をしていた」等、健全な食生活を実践していた人や、「学校で、食に関する指導を受けていた」人が多くした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント