7年連続で増加 2019年のねり輸出

 貿易統計によると、2019年に我が国から輸出されたかまぼこ類など魚肉練り製品(魚肉ソーセージ除く)は102億1281万円で、前年比4・4%増となった。7年連続の増加。数量ベースでは、1万1136㌧で2・7%減と7年ぶりの落ち込みとなった。平均単価は㌔あたり917円。
 
輸出先でみると、最も大きかったのは米国の3849㌧、37億2742万円、2位は香港で2464㌧で22億6387万円、3位は中国で1808㌧で16億9555円で、これら3国で全体のほぼ4分の3を占めている。

 なお、2020年に入って1-3月のかまぼこ類輸出量は2351㌧で前年同期比6%減、金額では22億4353万円で1%減となっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント