岡虎の「エシカルおさかなの蒲焼風」 気になる

 ちょっと気になる新製品を紹介したい。ことしの全国蒲鉾品評会に出品されていた岡虎(山口県防府市)の「エシカルおさかなの蒲焼風」。
 地場に水揚げされる未利用魚を活用して、うなぎかまぼこを再現した斬新な製品だ。

名称未設定 1.JPG

 近年、注目を集めているうなぎ風かまぼこの新顔で、岡虎、水産大学校、山口県農林水産部の産学官連携により、下関沖合底引船で漁獲される鮮魚のうち、通常、船上で廃棄される規格外の鮮魚の有効利用を目的とし、製品化したもの。

 主原料として規格外の「カメド(トカゲカナガシラ)」「ヤガラ」「タマガシラ」を落とし身にして配合。蒸し揚げの工程を経て、蒲焼風に仕上げた。キントキダイ50%に、落とし身のタマガシラ25%、トカゲカナガシラ25%を加えた。

 うなぎ風かまぼことしては、まだ改良の余地はありそうだが、今後の動きに注目したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント