豊洲市場に「江戸前場下町」オープン

 豊洲市場と周辺エリアの賑わいづくりのため、東京都は、1月24日、5街区と6街区の千客万来施設事業用地に「江戸前場下町」をオープンした。

2020-1東蒲新聞城下町.JPG

 市場の食材を使った海鮮焼きやお寿司、日本の多様な食体験が楽しめる「豊洲場下町(フードホール棟)」市場の新鮮な食材や日本の粋を感じることができるお土産を集め、買い歩きが楽しめる「市場小路(マルシェ棟)」、屋外マルシェやイベントなど来場者が集い憩うことができる「江戸前広場(多目的広場)」の3つのゾーンから構成されている。

 これまで、一般消費者にとっては観光面での魅力がいま一つとされていた豊洲市場に新たな食のテーマパークが誕生したことになる。朝9時から午後6時まで営業しており、豊洲市場を見学する時に、訪れる楽しみが増えることになった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント