「朝食にはおでんがぴったり」 一正蒲鉾が調査結果から提案

 一正蒲鉾㈱は、先ごろ全国の働くお母さん200人を対象に、「朝の準備に関する調査結果」を発表した。  調査結果によると①7割以上の働くお母さんが「一日のうち1番時間がないのは『朝』」と回答。②忙しい朝、最も時間がかかってしまうことの第1位は「朝ごはんの準備」。③働くお母さんの朝時間は平均「2時間」。そのうち、朝ごはんの準備にかけられる時間は「18・4分」。④9割以上のお母さんが「時間がない…

続きを読む

10月の道産すり身

 全国すり身協会が、11月26日、発表した会員報告集計・2019年10月の道内陸上すり身生産量は1277㌧で、前年同月比148%と増加した。この内訳は、スケトウすり身は1105㌧で同161%、ホッケすり身112㌧で、同76%だった。  1-10月累計では、1万792㌧で前年同期比132%となっている。スケトウすり身は1万86㌧で同138%、ホッケは273㌧で同85%。  道内陸上出荷…

続きを読む

「長崎かんぼこキッチンカー」が完成

長崎かんぼこ王国の「長崎かんぼこキッチンカー」がこのほど完成した。11月25日には、長崎市役所西側広場でお披露目され、関係者ら約30人が出席しお祝いをするとともに、市民たちに長崎おでんが振る舞われた。  キッチンカーは、長崎県内の観光スポットやイベント会場などに出向き、出来たての「長崎おでん」や「長崎かんぼこ」を提供し長崎かまぼこの消費拡大に活躍が期待されている。 …

続きを読む

紀文食品の「お正月百科」ミニコラム

 おせち料理を“初めて”用意した人と“久しぶりに”用意した人では理由に差が…?!  紀文食品が先ごろ発表した「紀文お正月百科」によると、「今年初めておせち料理を用意した・最近は用意していなかったが、久しぶりに用意し た理由」について、調査結果を読み込んでみたところ、興味深いことが判明した。   いくつかあった選択肢の中で、「結婚したから」と回答した人の割合は、久しぶりの人が4.5%…

続きを読む

成田国際空港第2ターミナルのねり売場

 成田国際空港第2ターミナル3階出発ロビー。日本を訪れた多くの海外観光客が日本を離れる最後のお土産を購入する場所である。  その一つ「シーグルメ」というお店には、日本中の水産物関係のおつまみが販売されている。  覗いてみると、かまぼこ製品も多数並んでいる。「笹かまぼこ」5枚入り498円(小田原土岩商店)、「北海道ねじりかまぼこチーズ・ウニ・ワサビ・カニ・タコ・イカ・ホ…

続きを読む

12㎜に「切れてる板わさセット」発売 鈴廣蒲鉾本店

 ㈱鈴廣蒲鉾本店は、板についていながら切れているかまぼこ「切れてる板わさ」を11月15日から新パッケージで発売した。   「切れてる板わさセット」は、つまようじを刺すだけで一切れ一切れ板からはがせるかまぼこ。鈴廣かまぼこがすすめする、かまぼこのおいしい厚さ12ミリに切れているので、車中でも旅先でも手軽に食べられる。2010年の発売以降、その手軽さからお土産として人気の高い商品だが、よ…

続きを読む

スケトウダラニュース

 北海道立総合研究機構・函館水産試験場では、このほど、道西日本海(奥尻島以南)のスケトウダラ資源調査結果を発表した。同調査は、2019年10月14日~20日に,調査船金星丸でスケトウダラを対象にした計量魚探調査,トロール調査,CTDによる環境調査を実施したの。  調査結果は  ①スケトウダラの主な分布は,奥尻海峡周辺に見られた。    ②魚探反応量は,調査海域全体では前年を約2割下回…

続きを読む

東京・丸の内で「こたつ de おでん」 紀文食品

 東京・丸の内のビル群の一角にこたつが出現――。会社帰りの同僚やOLたちが、こたつを囲んで、おでんを楽しむ光景が繰り広げられた。10台用意された1つのこたつを囲んだ一団は、この日、初めて顔を合わせた3組の合流組。知らない同士が温かいおでんを囲んでニッコリ。仕掛けたのは、㈱紀文食品と丸の内イルミネーション実行委員会と三菱地所。  11月14日の夜限定で、繰り広げられた「大手町こたつ …

続きを読む

一正蒲鉾 売上げ目標を下方修正

 一正蒲鉾は、11月13日、2021年6月期の数値目標を下方修正した。売上高は当初目標から60億円減の370億円、連結営業利益は3億円減の14億円とした。  理由として、国内練り製品市場の成長鈍化や、原料となるスケソウダラのすり身の高騰など市場環境の悪化の影響をあげている。また、マイタケを生産する中国の子会社一正農業科技(常州)の業績が当初予定を大きく下回っており、3年連続の赤字を計上、目…

続きを読む

かまぼこ支出20%増を記録も… 9月の家計調査

 総務省統計局は、11月8日、9月の家計調査を発表したが、9月の水産ねり製品支出は、599円で、前年同月比100.7%と微増に終わった。  カニ風味かまぼこを含むかまぼこ支出が、205円で20.6%という大幅な増加を記録した半面、気温が高かったことから煮物商材のあげものが9.9%マイナスと、ねり全体の支出の足を引っ張った。その他も8.3%減少した。  売行き低迷に喘ぐ業界をカニカマブ…

続きを読む

第3回日本の食品輸出EXPO

 日本最大の食品輸出 専門展「第3回日本の食品輸出EXPO」が2019年11月27日(水)~29日(金)、10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)で、幕張メッセで皆済される。  同展示会は、海外バイヤー、日本の輸出商に売込むための商談展で、農畜産物・水産物から、飲料・調味料・加工食品まで、世界に誇る“日本の食品”が一堂に出展される。世界80カ国から来場する食品バイヤー・食品輸出商…

続きを読む

カニカマの伸び率鈍る 9月のかまぼこ生産量

 食品需給研究センターが、11月11日、令和元年9月のかまぼこ製品の生産量を公表した。それによると、ちくわ・かまぼこ生産量は3万5950㌧で前年比1.6%の減産となった。1-9月累計では31万2700㌧となり前年比1.8%の減少。  9月の動きを品目別にみると、増加したのは、ちくわ、なると・はんぺん、その他。ちくわは、4937㌧で前年比0.4%の微増ながら半年ぶりにプラスに転じた。なると・…

続きを読む

野中新体制 福岡役員会から華やかに船出

 全国蒲鉾青年協議会は、野中優二会長体制になって初の役員会を、11月8日午後、福岡市博多のニチモウ㈱福岡支店会議室で開催した。当日は、全国から16人の会員が出席したほか、女性会員も2名が出席して、一層華やかな船出となった。    会合では、野中会長が、今後に向けての決意を述べ、組織運営に協力を呼び掛けたほか、今後の活動方針や行事日程などを協議した。野中会長は「卒会者が多い中、これまで…

続きを読む

オールやまぐち!食材提案会 11月13・14日 東京交通会館で開催

 山口県の魅力ある食材や加工品を首都圏へ売り込むための商談会・「オールやまぐち!食材提案会」が、2019年11月13日(水)、14日(木)の2日間、東京・有楽町駅前の東京交通会館12階のダイヤモンドホールで開催される。  13日は、14時から19時まで、14日は10時から16時30分まで。  会場では、海の幸山の幸が豊富に揃った山口県の魅力あふれる加工食品や食材、酒類などが一…

続きを読む

人羅賢司氏らに厚生労働大臣賞

 厚生労働省では、先ごろ、令和元年度の食品衛生事業功労者及び食品衛生優良施設の厚生労働大臣表彰を東京の明治座で開催した。  水産ねり製品業界からは、人羅賢司氏(京都)が食品衛生功労者として表彰されたほか、優良施設として、㈲桂馬商店(広島)、馬郡蒲鉾(佐賀)が受賞した。  同事業は、食品衛生の普及向上、食品衛生行政に対する協力及び業界の指導育成等に顕著な功績があった人の労苦に報いるとと…

続きを読む

ことしの「はんぺんの日ポスター」

 東京都蒲鉾水産加工業協同組合(井上卓組合長)では、このぼと、ことしの「はんぺんの日ポスター」を制作し、組合員に配布した。 「冬至は、はんぺんの日」と題したポスターには、次のような説明文が載っている。  一陽来復(いちようらいふく)    冬が終わり、春が来ること。悪いことのあとに物事が良い方に向かうこと。  陰の気が極まって陽の気が生じる時、運気が上がるように冬至の日…

続きを読む

「環境型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞 ㈱博水

 ㈱博水(本社・福岡市、江越猛信代表取締役)が、10月29日に新潟市の朱鷺メッセで開催された環境省主催の「第14回3R推進全国大会」で「環境型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞した。  これは、同社が取り組む鮮魚エソのあら(魚犀)を再利用して環境に優しい博多魚醤油「えそ醤」を開発・利用・販売を行っている事業についての功績が認められたもの。  表彰式に出席した江越社長は、「…

続きを読む

名田和子さんが死去

 名田和子さん(ヤマサ蒲鉾㈱代表取締役社長・名田和由氏のご母堂) 11月6日、逝去した。    通夜は、11月8日(金)19時から  葬儀・告別式は11月9日(土)10時30分から    姫路市飾磨区細江2713の飾磨大和会館(℡079-234-5969 fax079-234-0039)で執り行われる。  喪主は、同社取締役会長の名田稔氏(故人の夫)

続きを読む

第12回下関蒲鉾ふれあい祭

 第12回下関蒲鉾ふれあい祭が、11月9日、10時から14時まで、下関の吉見蒲鉾団地で開催される。  同イベントは、毎年、11月15日のかまぼこの日に合わせたPRイベントで、吉見安岡地区のかまぼこ・ちくわ・天ぷらの美味しさを知ってもらいたいと開催しているもの。  毎年、大勢の来場者で賑わい、吉見・安岡蒲鉾組合と地元民との交流の場ともなっている。  今回も、空くじなしの「ガラポン…

続きを読む

11か月連続でマイナス 9月のスーパー売上げ

 スーパーマーケット協会の販売統計調査によると、9月の総売上高既存店ベース前年同月比は99.6%と11ヵ月連続で前年実績を下回った。平年に比べ高い気温で推移し、夏物が好調に推移したものの、秋物商戦は不調となった。  前年高騰した青果相場の反動安の影響を受けた青果カテゴリーが95.4%、記録的な不漁となったサンマの影響を受けた水産カテゴリーが97.6%と不調となった。  一方で、消費税…

続きを読む

延期になっていた「松尾悠花(まつお はるか)さんトークショー」開催へ

 台風19号の影響で、延期になっていた長崎県出身でTikTokで人気のモデル松尾悠花(まつお はるか)さんの長崎トークイベントとフードコーディネーター平尾由希(ひらお ゆき)さんによる「長崎かんぼこ」を使用した料理レシピの紹介が、2019年11月9日(土)13時から東京・日本橋長崎間で、開催される。  長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」では、首都圏の方々に、「長崎かんぼこ」を通じて、…

続きを読む

食品製造業の6割割超がHACCPの導入に取り組む

 日本政策金融公庫が、先ごろ、取りまとめた「令和元年7月食品産業動向調査」によると、食品製造業者の6割がHACCPを「導入済み」または「導入途中」であることがわかった。同調査は、昨年の食品衛生法改正により、原則、すべての食品事業者に導入が義務 付けられたHACCPの取組み状況について調査を実施したもの。 <調査結果の概要> ○食品製造業者の6割超がHACCPを「導入済み」または「…

続きを読む

「北区おでん月間」開催中 東京・北区、東京商工会議所北支部

 東京北区では、10月10日から11月30日までの約1ヵ月間、「北区おでん祭り」を実施中だ。東京・北区と東京商工会議所北支部は、平成25年度に、おでんの具材を串に刺した形(一○一○)をイメージして、10月10日を「北区おでんの日」として制定。  当日から、11月30日までの約1カ月間を「北区おでん月間」とし、「いろんなおでんが食べられる街・北区」としてPRし、地域の活性化に取り組んでいる。…

続きを読む