8月の輸入すり身

 財務省が、このほど、2019年8月の貿易統計を発表した。それによると、8月に、わが国に搬入されたすり身は1万3540㌧で、前年同月比26.4%の減少となった。減少した原因は、米国とタイからの搬入減が響いた。

 米国は7702㌧で前年比31.9%の減、タイは1284㌧で34.5%の落ち込みとなった。ことしは、スケソウの魚体が大きく、肉質的にあまり良くないという情報もある。

 東南アジアでは、マレーシア、インド、ミャンマーが増加したが米国とタイのマイナス分をカバーするには至らなかった。ベトナム、インドネシアは減少した。

 1-8月累計では14万9133㌧で前年同期比0.7%の微減となっている。米国は6万4481㌧で前年比7.8%の減少。東南アジアでのプラス組は、タイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマーなど。インド、インドネシアは減少。

2019-10 8月の輸入すり身.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント