カニカマ人気つづく 6月の支出金額も2桁増加

 総務省統計局が8月6日、6月の家計調査を発表した。それによると、6月の水産ねり製品支出は、592円と、前年同月比108.6%と増加を記録した。中でもカニ風味かまぼこを含むかまぼこ支出は、215円15.0%の二桁増加。売行きは、さらに好調が続いている。ねり製品売場でもカニカマの赤色はスペースが増え、アイテムも増加。

 一部には、9月にテレビの人気番組で、カニカマが取り上げられるとの噂も流れており、カニカマ旋風は衰え知らずだ。6月も、ねり支出全体をけん引した。あげもの、ちくわもそれぞれ9.4%、5.4%と増加。その他が前年と同じ79円にとどまったものの、ねり支出は伸長を続けている。1-6月の上半期支出も、3723円で、前年比3.7%増。すべての品目で増加となっている。

2019-8家計調査6月分.jpg



この記事へのコメント