仙台蒲鉾組合 青葉まつりで笹かま販売

 第35回仙台青葉まつりが5月18、19の両日、開催され、仙台蒲鉾組合では、ことしも出店して青葉まつりのキャラクターすずのすけの焼き印入りの笹かまを手焼きして販売した。



 ことしの青葉まつりは、2日間とも晴天に恵まれ、大勢の観光客などで賑わった。青葉区の勾当台公園や市民広場、錦町公園など、藩制時代の街並みを再現した「伊達縁」や、県内外グルメが集結した「杜の市」が開かれ、大勢の家族連れでにぎわった。



 また、仙台市の歴史姉妹都市である愛媛県宇和島市は名物「じゃこ天」を振る舞っていた。
 















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック