速報かまぼこニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「子どもたちに伝えたいお正月絵本読み聞かせ会」を開催 紀文食品

<<   作成日時 : 2018/12/07 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 紀文食品は、11月中旬から12月上旬にかけて、保育園の運営事業を行う潟Oローバルキッズ協力のもと、同社が運営する保育園6会場で、「子どもたちに伝えたいお正月絵本読み聞かせ会」を開催中だ。



 11年目を迎える今年は、これまでの絵本募集の優秀作品を活用し、絵本を通じて正月のいわれや文化継承の一助とするために、開催しているもの。



 12月5日、グローバルキッズ飯田橋園で行われた読み聞かせ会では、4歳から5歳の園児39人を前に「ちいさなかぞくのおしょうがつ」と「あいらぶとしがみさま」の2話が披露された。

画像



 直前まで元気にはしゃいでいた園児たちは、話が始まると興味津々でお姉さんの話に熱心に聞き入っていた。



 お正月行事を学ぼうコーナーでは、昔からお正月に用意される「門松」「鏡もち」「しめ飾り」「祝い箸」などの意味やいわれをわかりやすく説明。門松は、年神さまが降りてくる時の目印とか祝い箸は片方は人が、もう片方は年神様が使うために両端が細くなっているといった説明に、園児たちは大きく頷いていた。
 


 また、「紅白かまぼこ」「伊達巻」「栗きんとん」「黒豆」「昆布巻き」などのおせち料理が、なぜ新年を祝う食べ物として用意されるか、そのいわれについても説明した。
 最後に、園児たち全員に、絵本がプレゼントされた。



 紀文食品では、2008年から2017年までの10年にわたり、絵本を通じて親子で正月文化に親しんでもらうことを目的として「子どもたちに伝えたいお正月絵本作品募集」の活動を行ってきた。



 絵本を通じて読み手が子どもたちに直接語りかけるとともに、製本した絵本をプレゼントし、家庭で正月文化に対する認知・理解も深めてゆきたい考えだ。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「子どもたちに伝えたいお正月絵本読み聞かせ会」を開催 紀文食品 速報かまぼこニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる