5月の輸入すり身

 財務省が、このほど、平成30年5月の貿易統計を発表した。それによると、5月に、わが国に搬入されたすり身は2万7770㌧で、前年同月比91.9%と前月に引き続き減少した。



 米国からの輸入量は、1万5601㌧で、前年比81.8%と減少。東南アジアからの輸入数量は、ベトナムが1575㌧で132.9%と増加。インドも5097㌧で121.6%と伸長したが、そのほかは、おしなべて不振だった。タイは1791㌧で85.0、マレーシアは439㌧で82.5%、インドネシアも570㌧で84.3%と減少した。
 


 この結果、平成30年1-5月累計のすり身輸入は、10万1032㌧となり、前年比97.3%と、減少。



 国別でみると、米国が、85.0%にとどまっているが、東南アジアの主要国ベトナム、インド、ミャンマーが増加となっている。3月まで、増加していたインドネシアは、88.5%と減少がつづく。


画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック