金沢・近江町市場の「かまぼこ」

 北陸新幹線が開業してから、毎年、金沢へ旅行をするのが恒例となっている。金沢は食の宝庫である。とくに冬の金沢グルメは堪えられない。もちろん、近江町市場は外せない。ここには、かまぼこを製造している店が2軒ある。


画像





 そのひとつが、岩内蒲鉾店。以前から気になっていたが、この店のさつま揚げは、外観が懐かしい。東京の下町で、製造販売している商品に実によく似ている。とくに、目を引いたのが、エビ団子。1本3個のボールが差してあり、その場で食べられるように串にさしてある。価格は100円と手ごろ。


画像




 つい見とれていると、横から、地元の中年の女性が1本買い求めた。「それじゃ、私も一本」と口に入れると、これが旨い。最近、食べたねりものの中でも出色だった。固くもなく柔らかくもなく、心地よい弾力とエビの風味が漂って、ねりものの魅力が堪能できた。その美味しさが忘れられず、翌日、出かけて行って、お土産に、ばくだんなど、大量に買い求めたが帰宅した夜と、翌日の夜のつまみであっという間になくなってしまい、もっと買っておけばよかったと後悔したものの、後の祭り。




 外国人、日本人の観光客でごった返している近江町市場の雑踏の片隅で、地味に売られているエビ団子が、これほど旨いとは、おそらく知る人ぞ知る味として、地元民に長い間、愛されてきたのだろう。こんな存在が、ねりものの魅力のひとつでもある。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック