富山で第5回「かまぼこ塾」 全蒲青

 全国蒲鉾青年協議会(松澤誠会長)の「かまぼこ塾」が3月14日、富山の㈱梅かま本社で実施される。定員は30人。




 富山に伝わる細工かまぼこの技法を実地に勉強する。すり身を鯛、鶴、亀の型に詰め、蒸しあがった蒲鉾に絞り出し袋で絵付けする。また、細工かまぼこや昆布蒲鉾の実演見学も行われる。




 近年、機械化が進む中、かまぼこ職人の技術力の低下と技術継承が危惧されている。そこで、全国蒲鉾青年協議会では、過去4回、技術研修会として「かまぼこ塾」を実施してきた。



 今回は、富山県蒲鉾組合、蒲友会(青年部)の手、第5回目のかまぼこ塾を開催するもの。












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック