築地の一番マグロ

 ことしも築地の開市は1月5日。これは、昔から決まっているが、毎年、注目を集めるのが、一番マグロをどこが競り落とすかという話題だ。豊洲市場への移転が、10月に予定されているので、築地での最後の初競りとなった。


 ことしは、青森・大間産の405㌔のクロマグロが、3645万円(1キロあたり9万円)で、一番高値のマグロとなったが、6年連続で、一番マグロを仕入れてきた寿しチェーン「すしざんまい」は、ことしは、1㌔あたりの単価が最も高いマグロを落札。同じく大間産のクロマグロ(1匹190キロ)を㌔あたり16万円、3040万円で競り落としたが、7年連続の最高値マグロを落札することは叶わなかった。


画像





 それでも築地場外のすしざんまい本店前には、当日、競り落とした本マグロが展示され、訪れた観光客らが、盛んにカメラのシャッターを押すなど、大きな脚光を集めていた。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック