9月のすり身輸入順調

 財務省が、このほど、平成29年9月の貿易統計を発表した。それによると、9月に、わが国に搬入されたすり身は2万7014㌧で、前年同月比157.2%と前月に引き続き、大幅増加した。



 米国からの輸入量は、依然、順調で、2万660㌧と、数量がまとまり、前年同月比190.8%と、倍増。一方、東南アジアは、各国で、まちまち、タイ、ベトナムが減少し、インド、マレーシア、インドネシア、ミャンマーが増加。インドは、久しぶりに、大幅増加となった。



 これで、1-9月累計は、18万2069㌧となり、前年同期比114.5%と、前年実績を上回っており、20万㌧越えが見えてきた。米国すり身の搬入は、堅調で、146.1%。東南アジアの減少分をカバーしている。近年、米国の漁獲枠は、安定しているが、米国の資源量については、先行き厳しい見方も出ており、どこまで、現状維持できるか、気になるところではある。


画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック