築地で年末商材展示会

 年末商品卸7社合同展示会が、9月12日、築地市場の低温卸売場で開催され、流通、調理、外食、弁当、市場など、関係者らで賑わった。


画像




 この日、展示されたのは、板かまぼこ、伊達巻、なると、さつまあげなど、ねり製品を中心として、おせち商材はじめ、カニ、寿司種、生鮮、加工品など、幅広い商品群が展示試食された。



 板かまぼこは、売値1600円、980円クラスの商品を中心に試食されていたが、メーカー間で品質の違いが目立った。中には、輸送、人件費などコストの上昇から、10%ていどの値上げを表明するメーカーも。「あらゆる経費が上がっており、従来の価格では、品質が落ちたものを生産することになる。品質維持するためにも、値上げは仕方ない」との説明も。



 伊達巻は、種類がますます増加傾向にあり、品質にこだわる流れや、洋風菓子化への流れが強まる傾向も見られた。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック