赤羽馬鹿祭りに「北区おでん」が出店

 第62回赤羽馬鹿祭りが、4月29、30の両日、東京・北区のJR赤羽駅東口広場を中心に開催され、大勢の観客で賑わった。ことしのテーマは「原点復帰」。昭和31年の第1回当初の「踊りと仮装」を基本に、音楽パレード、馬鹿踊り、仮装パレード、神輿パレードなどが、賑やかに練り歩き、プロの歌手や芸人たちのパフォーマンスが披露された。



 北区おでんも、出店した。お揃いの黄色いTシャツを着こんだ関係者が、大なべで煮込んだ「北区おでん5点お任せ盛り合わせ」を500円で販売した。「牛スジと野菜の味噌おでん」400円や、飲み物などを販売して、北区おでんをPRした。昨年に引き続いての出店。


画像




 北区は、昔からおでんの名店が点在し、まちの味として親しまれてきた。いまも、「丸健水産」「佃忠かまぼこ店」「平澤かまぼこ店」などの名物店が営業を続けている。
 東京商工会議所北支部では、そんなおでんを通じて、北区の町おこし活動を続けている。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック