9000円台を回復 平成27年の水産ねり製品支出

 総務省統計局が1月29日、昨年12月の家計調査報告を発表したが、1世帯(2人以上の世帯)当たりの消費支出は31万8254円で、物価変動の影響を除いた実質で、前年同月比4.4%の減少となった。消費支出が前年を下回るのは9月以降4カ月連続。減少した原因は、自動車関係費など交通・通信費や、光熱・水道費などが支出を押し下げた形だ。


 一方、消費支出が増加したのは、食料費(実質0.1%増)、家具・家事用品(同1.9%増)、保健医療費(同1.2%増)。減少したのは、住居費(同7.1%減)、光熱・水道代(同10.7%減)、被服及び履物(同16.8%減)、交通・通信費(同7.5%減)、教育費(同1.7%減)、教養娯楽費(同3.9%減)だった。


 水産ねり製品

 12月の水産ねり製品支出は、1684円と、前年同月比103.1%と伸長し、増加に転じた。この結果、平成27年のねり支出は、1-12月累計で、9028円となり、前年比103.5%、すべての品目で増加を記録した。平成21年以来、7年ぶりに9000円台に回復した。


 12月は、ちくわが減少したが、あとの品目はすべて増加となった。主力商材のかまぼこは、881円で100.7%と、一部、製品値上げがあったにもかかわらず、微増にとどまった。

 なお、年間支出は、すべての品目で増加となった。

画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック