パリは移動祝祭日

 11月13日に起きたパリ同時多発テロ。その影響を受けて、花の都・パリは、いまも閑散としている。つい先日、パリを訪れた友人から、三色旗の電飾に彩られたエッフェル塔の写真とともに、メールを受け取った。

画像




 1週間ほど、オペラ座近くのホテルに滞在したが、観光客の姿は、少なく、ルーブル美術館、オルセー美術館といった美術館のチケット売場にもほとんど列はなかったという。日本からの飛行機の座席は半分ほどの乗客しか埋まらず、帰りは、5分の1も乗っていなかったので、座席を倒して寝て帰って来たという。

画像




 彼曰く「パリは、いまが逆に行き時かも。だけど、観光客のいない閑散としたパリは、少し寂しかった」。



 数日後、一般紙に「パリ人気」まだ戻らず、旅行・観光、年末年始予約伸び悩み、さらに、日航が成田便運休との見出しが躍った。

画像



 早く、華やかで元気なパリに戻ってもらいたい。
 

 「もし、幸運にも若い頃、パリで暮らすことができたなら、君が、その後の人生をどこで過ごそうとも、パリはついてくる。パリは移動祝祭日だから」。ヘミングウェイ

 












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック