金沢の街にはまった

 北陸新幹線が開業して5ヵ月余。金沢を訪ねてみた。


 お洒落で落ち着いた金沢の街は、観光客で予想以上に賑わっていた。東京と違って、アジア系ではなく、欧米系の外人観光客が圧倒的に多く、バックパッカー姿の家族連れが、街を闊歩している。


 金沢には、これまでも何度か足を運んだことがあるが、ゆっくりと街を散策するのは初めて。長町武家屋敷、近江町市場、主計町茶屋街、ひがし茶屋街と、落ち着いた雰囲気の中で、日本文化の粋に触れることが出来る。

画像



 細い路地を歩いていると、まるで京都と勘違いするような雰囲気がある。といっても、京都より、さらに落ち着きが感じられ、日本人の自分が、その魅力にハマってしまう。外国からの観光客が急増しているのも当然といえば当然だ。


 近江町市場は、これまた、観光客で、ごった返しており、あちこちで刺身や焼き物をつついている光景が見かけられる。築地場外と酷似しているが、魚の鮮度、雰囲気、値段、どれをとっても、近江町市場に軍配を上げたい。
夜の食事も、どこの店に入っても、値段が手頃で良質な食事が楽しめた。金沢恐るべし。


 さて、最後に、本題。近江町市場で見つけたかまぼこ店で、購入したさつま揚げ。ホテルでの酒のつまみに最適だった。

画像



画像















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック