6月のすり身輸入 米国増加、東南アジア減少

 財務省が、このほど、6月の貿易統計を発表した。それによると、6月に、わが国に搬入されたすり身は1万7442㌧で、前年同月比88.1%と前年輸入量を割り込んだ。米国からの輸入量が、依然、順調に推移しているのに対し、タイ、中国、ベトナム、マレーシア、インド、インドネシアは、いずれも大きく減少しており、対照的な動きとなっている。


 そうした中、前年ゼロだったロシアからの輸入が708㌧あったことは注目に値する。今後の推移を見たい。


 これで、1-6月、上半期にわが国へのすり身搬入量は、10万753㌧となり、前年比86.9%にとどまった。米国は4万724㌧で、前年比横ばい。東南アジアの減少がそのまま減少につながったかたちだ。

画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック