ほぼ前年並み 上半期かまぼこ生産量

 食品需給研究センターが8月9日、平成25年6月の水産ねり製品生産量をとりまとめ発表した。それによると、6月の生産量は3万6984㌧で、前年同月比13.7%の増加を記録した。


 品目別にみると、前年を下回ったのは、板蒲鉾だけで、残りの品目は、すべて大幅増加した。とくに、その他は73.4%増と激増した。


 これで、1-6月累計は、23万5627㌧となり0.2%の減少と、減少幅は、一層圧縮され、ほぼ前年並みとなっている。


 1-6月累計の品目別増減は次のとおり。
 ちくわ4万440㌧で17.4%の減、板かまぼこ2万4498㌧で17.3%の減、包装かまぼこ7671㌧で6.3%の減、なると・はんぺん1万4514㌧で0.5%の減、揚げかまぼこ9万9592㌧で2.1%の増、その他は4万7912㌧で32.2%の増という結果になっている。


 相変わらず、酷暑に包まれる日本列島。各地から聞こえてくるのは「売れない」という嘆き節ばかりだが、統計上からみると、ことし上半期の段階では、前年並みの生産量を記録している。ただし、価格競争は、さらに熾烈を極め、ちくわ5本で59円といったような信じられない情報も聞かれる今日この頃。

画像


画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック