食べ物には相性がある

 昔から日本酒一辺倒だったが、このところ、ワインに凝っている。といっても、高価な年代ものや、有名なシャトーのものではなく、手軽なテーブルワインくらいにしか手が届かないが、それでも夕食時には、晩酌代わりに楽しんでいる。通が好むといわれる赤ではなく、むしろ、サッパリとした白ワインの方が好みといえば、ワインの初心者であることを自ら白状しているようなもの。
 

 食べ物には、相性というものがあるんだとつくづく感じたのが、昨夜のじゃこ天。口開けのビールのつまみとして、女房が、じゃこ天を出してくれた。これが、なかなか出来の良い製品で、ビールのつまみにはピッタリ。野趣溢れる魚の旨みが噛むごとに滲み出してきて、満足、満足。


 ところが、ビールから白ワインに切り替えると、途端に口中に、生臭さが拡がる。じゃこ天だけ食べると美味しいし、ワインだけを飲めば、これまた美味なのだが、2つを合わせると、生臭さが生じてしまう。


 個人的な感想でまことに恐縮だが、じゃこ天に白ワインは合わないとの結論となった。目黒のサンマではないが、じゃこ天は、日本酒か、焼酎か、ビールに限る。疑う向きは、1度、ご自身で試してみてはいかが。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック