杉江繁夫東蒲組合長が辞意を表明

 東京都蒲鉾水産加工業協同組合(杉江繁夫組合長)の平成23年度第10回役員会が、3月23日午後、築地厚生会館で開催され①役員会選挙について②放射性物質測定機器の整備に関する調査について③商工中金の借り入れ④全国蒲鉾品評会の審査結果について⑤2月の業績報告などについて協議した。会議の終了間際、杉江繁夫組合長は、今期をもって組合長を辞任する意向を表明した。
 

 杉江組合長は「今回が23年度最後の役員会となりますが、わたしが組合長に就任して、ちょうど5年が経過しました。不出来な組合長で、皆さんの期待に応えることができなかったと思いますが、自分なりには、できる限りのことはしたつもりです。私も体力的に、このあたりが限界で、今回で組合長の任を降りたいと思います。 もし、許して頂けるなら、今後も理事、あるいは相談役の1人として、組合運営に協力させていたただくことにはやぶさかではありません」と、晴れ晴れとした表情で語った。

 東蒲組合の次期組合長人事については、難航することが予想される。


画像
             役員会で辞意を表明する杉江東蒲組合長





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック