速報かまぼこニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小田原かまぼこ」訴訟 和解へ

<<   作成日時 : 2018/06/06 07:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「小田原かまぼこ」の地域団体商標を巡って、小田原蒲鉾協同組合と佐藤修商店などの間で、争われていた訴訟問題は、6月1日、知財高裁(鶴岡稔彦裁判長)で和解が成立した。和解内容は明らかにされていない。





 小田原蒲鉾協同組合は、同組合が保有している地域団体商標を無断で使用したとして、南足柄市の業者に対して商標権侵害として製品の販売差し止めと約5千万円の損害賠償を求める訴えを横浜地裁小田原支部に起こしていたが、昨年11月24日の判決で、「業者には不正競争の目的はない」として、業者側に先使用権があると認め、小田原組合側の請求を棄却した。




 裁判長は、江戸時代から小田原市に集中していたかまぼこ製造業者のうち、昭和に入ってから県外に移転する業者も出てきたことなどから「小田原かまぼこの『小田原』には市周辺の地域も含まれる。南足柄市は、かまぼこと繋がりがある市周辺地域」と認定して業者の名称使用に「他人の信用を利用する目的はない」と判断した。さらに「商品が当該地域と歴史、文化などのつながりがあるか考慮すべきだ」と指摘した。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「小田原かまぼこ」訴訟 和解へ 速報かまぼこニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる